TOP

CULTURE

2016.06.21

『PAPER』誌の表紙を飾った元1Dゼイン・マリクがセクシーすぎる

NY発のインディペンデント雑誌『PAPER』が、最新号“Summer 2016 SEXY issue”をリリース。表紙を飾ったのは元ワン・ダイレクション、只今ソロで大活躍中のゼイン・マリク。その美しい顔立ちだけでなく、鍛え抜かれた肉体がセクシーすぎる、夏より熱い! とゲイの間でも話題沸騰中だ。

 

 

色気たっぷり、大人のゼイン・マリク

1606211source/PAPER

 

ゼインがフィーチャーされたのは、NYのファッショナブルな雑誌『PAPER』。以前、キム・カーダシアンやマイリー・サイラスがヌードで表紙を飾ったことでも有名な雑誌。

 
 
最新号のテーマは“SEXY”—灼熱の太陽に照らされているかのような、真っ赤なライトに浮かび上がるゼインの顔、そしてタバコを吸っているのか唇の間からは煙がふわっと流れ出し、男らしい色気ムンムンだ。表紙の下のほうには、しっかり「SEXY ZAYN」の文字が。

 

1606212source/PAPER

 

表紙をめくると、ファンにはたまらないカバーストーリーが続く。
顔のクローズアップから徐々にTシャツを脱ぎ捨てていくコマ、そして筋肉が美しい背面ショット。

 
それは、ゼインが以前自分のイメージを変えていきたいと話していたように、ワン・ダイレクションにいた時のティーンポップアイドルから、成熟した大人の男性へと成長していく過程のよう。

 
 
 

“カッコ可愛い”からセックスシンボルへ

1606213source/zainsbird

 

先行シングル『PILLOWTALK/ピロウトーク』でソロデビューし、アルバム『MIND OF MINE/マインド・オブ・マインド』をリリースしたのは、今年2016年3月のこと。普通に戻りたいと1Dを脱退後、本当は自分らしい音楽がやりたいんだとソロ活動を宣言。当初は成功するか否かと様々な憶測が飛び交ったものの、1Dとしてのゼインではなく、ひとりの男性ゼインとして見事スターダムの仲間入りを果たしている。

 
 
実際に、ゼインは1Dの時のゼインと変わった。体つきなどの見た目はもちろん、音楽に込められた想い、言動などひとつとして1Dにいた頃と同じなわけではなく、むしろ当時は想像していなかった姿かもしれない。

 
 
 

「アル・パチーノになりたかったんだ」

 

1Dにいる時は、老けて見えるからと髭を生やすことができず、少しがっかりしたと同誌のインタビューの中で語るゼイン。アイドルは“アイドル”としてのイメージを大切にしなくてはいけない。
でも、今はそのアイドルという枠組みから抜け出し、自分らしさを大事にしている。

 

また「意識的に(リリースしたアルバムの中で)性を描いたりSEXに言及しようと思ったわけじゃないんだ。でも、僕が置かれてたほとんどの状況が性的なものだったんだよ、むしろずっとかな。それについて歌うことに、明らかに楽しさを覚えているね」とも答えている。

 
 

こうして、ゼインはセクシーシンボルとしての脚光を浴びることに。かといって、1D時代からゼインを応援してくれているファンを見捨てたわけではない。

 

「もし女性たちが僕に魅力を感じるなら、それはとってもクールだよ。そして、もし男性たちも僕に魅力を感じてるとしたら、それも同様にクールなこと。最高だね。褒め言葉だよ。どんな人であろうと、僕が僕であって僕のすることを信じてくれるならとても嬉しい。純粋にそう思うんだ」

 
 
 

ゼインを支える彼女、ジジ・ハディッドの存在

1606214source/keyword suggestions

 

先日、ロンドンのフェス「Summertime Ball 2016」への出演をキャンセルし、不安神経症を患っていることを告白したゼイン。多くの人で集まる会場では、パニック障害になることも。

 

そんな彼を支えるのが、ガールフレンドのジジ・ハディッドだ。一時期、破局の噂が流れたものの、彼らは今だ固い絆で結ばれている。

 
 
同誌インタビューで「知性に魅力を感じるんだ。他人から何か学んだり、誰かが何かを教えてくれたりする時、それって魅力的だなって僕は感じるんだよね。確かに、身体的な魅力も感じるよ、でも年をとるにつれパーソナリティのほうが大事だと思うようになってきた。じゃないと、長年やってけない。だから外見は重要じゃないんだよ」と恋愛観を語っているゼインは、パーティや外に出かけることがあまり好きではないらしく、家でパートナーとリラックスできるのが一番とのこと。事実、LAのベルエアーの自宅で、ジジとまったり過ごしているようだ。

 
 
「今夜、ジジと会うよ。多分、映画を観るんじゃないかな。”Netflix and Chill”、よくするんだよ」と笑顔のゼイン。ちなみに、”Netflix and Chill”は海外で流行りのスラングだ。

 

 

 

他写真・インタビューが気になる方は、こちらより。

 

 

 

Top Photo/PAPER

姉妹サイト

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.03

予てより女性との交際を楽しんでいる、映画『Twilight/トワイライト』シリーズでお馴染みの女優クリステン・スチュワート。まさに多くの女性を虜にする彼女が、ザ・ローリング・ストーンズ『Ride’Em On Down』の…

2016.09.28

ベルリンを拠点に活動しているパフォーマンスアーティスト、ミーシャ・バダシャン(Mischa Badasyan)。彼がここ2年をかけ手掛けたプロジェクトは、365日毎日異なる男性とSEXすること。そのアートが意味するもの、…

2016.09.27

ゲイポルノ界で実際に起きた事件を題材にした、話題の映画『KING COBRA(原題)』(キングコブラ)のトレイラーが遂に公開。俳優ジェームズ・フランコが元男娼役にて出演、製作も兼任。またディズニースター、ギャレット・クレ…

2016.09.07

日本でも絶大な人気を誇るシンガーソーングライターのシーア(Sia)が、HIPHOP界の鬼才ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)をフィーチャリングしたニュートラック『The Gratest』をリリース、ミュ…

2016.09.03

アトランタ出身のラッパー、ヤング・サグ(Yonug Thug)が本年3作目となるミックステープ『JEFFREY』をリリース。そのアートワークでは大胆なドレスに身を包んだ姿を披露、独特の世界観でHIPHOP界を賑わせていま…

2016.08.22

8月12日より配信を開始した、Netflixオリジナルドラマ『The Get Down/ゲット・ダウン』はもうチェックしましたか? ヒップホップ誕生を描いた同作にて、ジェイデン・スミスが男性にキスをするシーンに挑戦、父を…

2016.06.29

Instagramで860K以上のフォロワー数を抱える、シドニー在住のヤズミナ・ダニエル。彼女は、唇という人間の身体の極一部である小さなパーツで、多くの人々を感動させ、虜にするアートを紡ぎ出す。   &nbsp…

2016.06.18

全米で社会現象を巻き起こしているNetflixオリジナルドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のシーズン4がついに始動! 待ち焦がれていた方も多いのではないでしょうか? 一部の間では、このドラマの話題で持ち切りです。…

2016.05.19

LGBTという単語が浸透しはじめた今日この頃ですが、まだ「LGBTってなに?」と思う人もいるかもしれませんね。でも、ゲイやレズビアンという単語を(こどもを除いて)知らない人はいないと言っても過言ではないはず。実は、かなり…

2016.04.12

日本でも動画配信サービスが盛り上がりを見せる昨今。いつ、どこででも観たい映画やドラマが楽しめるようになりましたよね! そこで今回は、LGBTが割とメインで描かれている海外ドラマを3つご紹介。寝れなくなってしまったら、ゴメ…