TOP

NEWS

2016.05.02

ニック・ジョナス、ゲイクラブ体験は最高だったと語る

ゲイの間で絶大な人気を誇るニック・ジョナス。ジョナスブラザーズとして兄弟で活動していた初期のニックは、まだあどけなさも残る若い男の子でしたが、今では鍛え上げられた肉体にセクシーな歌声と、まさに理想的な大人の男性へと成長。そんな彼が、兄ジョーとプライヴェートでゲイクラブを訪れたところ、最高に楽しかったと感想を語っている。

 
 

96e236ff4e8b194343d7080f2392278fsource/Pinterest

 
 
ドラマ『Kingdom』でゲイ役を演じるなどLGBTに寛容なイメージが強く、ゲイファンを確実に増やしているNick Jonas/ニック・ジョナス。本人は数々の女性との浮き名も多い異性愛者ですが、“もっとストレートの歌手や俳優がゲイのファンを大切にすべきだ”と主張しているうちのひとり。だからこそ、ゲイ役も抵抗なくこなせるんですね!

 
 
そんなニックは先日、兄のジョーとLAにあるゲイバー「The Abbey」をプライヴェートで訪れたそう。「すごく楽しかったよ!ドリンクも良かったし、全体的に環境が整っているというか。みんな歓迎してくれたし、いい時間を過ごせたよ。しかも僕たちの曲を流してくれたんだ、やっぱり嬉しいもんだよね。DJがフレンドリーになってくれたってことだよ!笑」
ジョーは彼女と一緒だったようで、バーでの彼らは孤立していたようですが、それでもニックはモテていたとの話も。

 
 
ストレートの男性は「襲われたら怖い!」となかなかゲイバーに行こうと思わない人も多いのではないでしょうか? さらにゲイバーに行く男性に変な偏見を抱いてはいないですか? でも先入観を持たずに行ってみると、思った以上の楽しさが広がっているかもしれませんよ。ニックはそんな人々に向けて「ゲイだろうとストレートだろうと僕のファンに違いはないでしょ?それとクラブに行くことも同じだと思うんだ。楽しい時間を過ごしたいなと思うんだったら、どこでだって楽しく過ごせるものだよ。(ゲイクラブは)独特な環境だとは思うよ、楽しい場所だし良い音楽もかかってるし(笑)、入って楽しもうとする限り最高だよ」と語っています。また、「不安な気持ちは時としで馬鹿な決断を促すんだ、自分に自信があって体に満足していれば、男性に言い寄られたからって困ることじゃないんと思うんだ」とも。

 
 
ブロードウェイに出ていた頃にLGBTのコミュニティと触れることで、ストレートだから、LGBTだからとジャッジするのではなく、ひとりの人間としては何も違いがないことに気付いたニック。ジョナス家がとてもオープンだったことから、例えバックグラウンドが違ったとしてもすべての人を受け入れて愛することが大事だと幼い頃から学んできたそう。そういった家庭環境は成長していく過程でとても大切になってきます。親がホモフォビアであったら、きっと家族全体がアンチLGBTの考えを持っていたところで疑問にすら思わないですもんね。

 
 
「僕のことをゲイなんじゃないかって思う人もいるよね。僕はTVでゲイを二役しているヘテロセクシャルの男性で、できるだけ寛容で愛することができる人になろうと努力しているんだ。だってみんながそうあるべきだと思うから。だから僕の性的指向にいろいろな意見や憶測がされているかもしれないけど、それは彼らの考え。僕は僕であって、その自分に満足しているんだ」
 
自分は自分であって、他人にどう思われていようと自分を信じることが大切。常に心に留めておきたい考えですね。

 
 
さて、ジョーとゲイクラブに行ったニックですが、あなたもクラブイベントを楽しんでみませんか?
5月6日(金)に、レインボーウィークのイベントとして、ゲイでなくFtM(トランスジェンダー、Female to Male)によるミックスクラブイベントが新宿のArcHにて開催されます。ジェンダー、セクシャリティに関係なく誰もが楽しめる空間となっています!

 

f15source/GRAMMY TOKYO

 

GRAMMY TOKYO 4th Anniversary&RAINBOW MIX PARTY
開催日時:5月6日(金)20:00〜04:30
会場:Arch
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-11-2カーサヴェルデ B1F  地図
出演
GRAMMY TOKYO DJ’s
KENTO / MASAKI / MIZUKI / MAKI / SHO / TOMO☆ / RIO / JESSICA /
 
GUEST DJ’s
KURI / endemic / OBARA
 
FTM GOGO’s
ATSUSHI(GRAMMY TOKYO)/ U-SEI
オフィシャルサイトgrammy.tokyo
 
これを機にぜひ参加してみてはいかがでしょうか? あなたらしく楽しむことが一番ですよ!

 
 
 

Top Photo/Pinterest

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.23

NYに住むあるゲイカップルのもとには、毎年サンタクロース宛の手紙が数え切れないほど舞い込んでくるそう。はじめは間違えだし……と思っていたものの、誰かのためになるならと手紙に応えることを決めます。今では世界規模のプロジェク…

2016.12.22

ニューヨーク在住のとある男性が、ハロウィンにて『SATC』のキャリー・ブラッドショーに仮装。その写真をInstagramに投稿し、プライヴェート設定にしていたアカウントを公開するやいなや、ネット上で話題沸騰! キャリーを…

2016.12.19

「ジェンダーレボリューション」と題した学術雑誌『NATIONAL GEOGRAPHIC(ナショナルジオグラフィック)』の2017年1月特別号。その表紙を飾るのは注目のトランスジェンダー活動家、9歳のエイブリー・ジャクソン…

2016.12.14

心身の変化が顕著な思春期を境に、トランスジェンダーの若者のほとんどが「カラダの性」と「心の性」が一致しないことに悩みはじめると言われています。そんな若者たちにとって、心内を打ち明けられる電話ホットラインはとても大切な場所…

2016.12.09

とあるスピリチュアルグループ(超常現象研究者たち)が、同性愛の根本的な原因を突き止めたと発表し一部で話題となっています。それは遺伝的なものでもなければ幼少期のトラウマでもなく、なんと「幽霊」だというのです……真相はいかに…

2016.12.06

米国最大のLGBT人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(Human Rights Campaign、以下HRC)が、最もLGBTにやさしい企業2017年度版リストを発表。リスト入りした各企業も、Twitterなどを通…

2016.12.05

兼ねてからLGBTの厚い支持者でありアイコンでもある歌手のレディー・ガガが、トランプ次期大統領の執政を目下に、LGBTの権利発展に力を尽くすとBBCのインタビューに答え、LGBTコミュニティから熱い視線が注がれています。…

2016.11.29

ゲイをテーマにしたラブコメ映画『Eating Out』でお馴染みのイケメン俳優クリス・サルヴァトーレ。そんな“イマドキ”の彼と、彼の89歳のご近所さんノーマ・クックさんとの間に結ばれた、固い友情が美しすぎると話題になって…

2016.11.26

先週の木曜日、11月24日はアメリカの祝日、サンクスギビングデー=感謝祭でした。感謝祭に合わせて長期の休暇を取り、家族とゆっくり過ごしたり旅行に出かけたりする人も多い中、マドンナの姿はLGBTの若者たちとともにありました…

2016.11.19

プエルトリコが生んだセクシー歌手リッキー・マーティンが、兼ねてから交際していたシリア出身のアーティスト、ジュワン・ヨセフとの婚約を発表しました! ここにきて、またまたビッグなイケメンゲイ家族の誕生です♡   &…