TOP

EDITOR'S

2016.03.15

バイアグラよりも効果的?恐るべきブルーベリーの威力

Erectile Dysfunction(勃起障害)、通称EDは加齢とともに症状を自覚する人が多いと言われていますが、日々の生活習慣が原因となり若年層でも増加傾向にあります。SEXに対して億劫な気持ちになるだけでなく、時にはパートナーとの関係性に影響を及ぼすことも。かといってバイアグラなどの薬に手を出すのはちょっと気が引けたりしますよね。そんな薬にとって変わる自然界の食べ物が話題になっています。

 
 

Lots guys experience disappointing nights

ISSMが発行するThe Journal of Sexual Medicineによると、中年男性の約半分近くがEDの悩みを抱えており、新規患者の約25%が40歳未満という研究結果が報告されています。

 
その原因となるのが、血流。陰茎海綿体の動脈が拡がり、そこに血流が流れることで勃起が起こりますが、動脈硬化や糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を患うと、EDになるリスクが高まります。バイアグラはED治療薬として世界で知られていますが、医師の診断が必要で、自費負担なため高価に感じる人も少なくないはず。また、類似品が多く出回っているため、医師の処方箋なしに薬を手に入れるのは危険です。

 
 
 

Viagra is must?

米ハーバード大学と英イーストアングリア大学の新共同研究によると、ブルーベリーやシトラス、レッドワインなどフラボノイドを多く含む食材がEDのリスクを減らす可能性があると判明。さらに、the American Journal of Clinical Nutritionによると、果物を積極的に摂ることで対象者の14%がEDが軽減されたと答えており、エクササイズと高フラボノイドを意識した食事を組み合わせた場合、20%以上が“ダメな夜”を改善できたそう。

 
 
 

What is flavonoid?

フラボノイドはポリフェノールのひとつ。主に植物に含まれる色素、苦味、辛味成分で、抗酸化作用があります。

 
それを多く含むと言われているのがブルーベリーです。ブルーベリーの水溶性の食物繊維が血壁を掃除し、フラボノイドであるアントシアニンが血流を良くしてくれます。また、イチジクに含まれるルチンもその代表で、毛細血管を強化し、血圧を降下させる効果を持ち合わせています。

 
 
 

Let’s make it!

朝食代わりやデザート感覚で、パートナーとも楽しめるED改善スムージーをご紹介します!

 
 

チョコレートスムージー
Special Chocolate Smoothie

 

624de64f39f804b2c2da4790e78d1f3fsource/Pinterest

 
用意するのは、

 
・アボカド1/2
・バナナ1/2
・カカオ大さじ1杯
・牛乳1/4カップ
・マカパウダー小さじ1杯
・ブルベリーとオートミール、トッピング用に適量

 
 
トッピング以外のものをすべてミキサーに入れて、クリーミになるまで混ぜるだけ。サラサラしすぎているなと思ったら、アボカドやバナナを足してみてください。最後にブルーベリーとオートミールをトッピング。

 
 
カカオはポリフェノールを豊富に含むため血行が良くなり、EDのリスクが軽減されます。また、オートミールも、男性ホルモンの9割を占めるテストステロンを高める作用があるため性欲UPに繋がります。

 
 
ブルーベリーやその他フラボノイドを多く含むフルーツなどの食材は、スーパーで手軽に購入できるものばかり。バイアグラで治療するか悩む前に、一度騙されたと思って、積極的に摂ってみるのも良いのではないでしょうか? また、今はEDじゃないから大丈夫と思っていても、いつ直面するか分かりません。日頃の生活習慣を見直して、正しい食生活や適度な運動を心がけるようにしましょう!

 
 
 

Top Photo/Pinterest

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.01

レイプと聞いて、男性の被害者を思い浮かべる方はほとんどいないのではないでしょうか。強姦事件の発生の割合からいくと、男性が加害者であることのほうが多いかもしれませんが、だからといって男性被害者の存在を否定してしまうのは間違…

2016.11.07

GLAADが2016-17シーズンのテレビレポートを公表。過去に比べLGBTQの露出が増えたものの、まだまだ改善すべき問題があることを提示しています。特に顕著なのがLGBTQ内での差別。とにかくレズビアンキャラが死んでし…

2016.10.16

昨今、出会い系アプリを通じて出会った者同士愛を育んでいる人も多いと思いますが、素性が分からない人、こちらが意図せぬ目的で利用している人と出会う可能性もあるのがシステムの盲点ですよね。今回はそんな出会い系アプリの危険性を再…

2016.10.05

意識しているしていないに関わらず、こどもが手にするおもちゃにも“男の子用” “女の子用”と見えないラベルが付けられていると思いませんか? あるトイストアのCMは、シンプルながらもそんなステレオタイプを覆すメッセージが込め…

2016.09.13

先週末にメキシコで起きた「反同性婚デモ」にて撮影された1枚の写真が物議を醸しています。そこには、大勢の抗議者と警察車両を前に、両手を広げて立ちはだかる1人の少年が写し出されています。この緊迫感ある情景から、何を感じますか…

2016.09.01

海外ドラマ『ホワイトカラー』などで知られるイケメンゲイ俳優マット・ボマー。この度、新ドラマにてトランスジェンダーの女性役に抜擢されたのですが、これはトランスジェンダーに対する差別だと物議を醸しています。果たして、彼は断る…

2016.08.30

2015年にカミングアウトしてから、何かとイケメンゲイ枠で様々なメディアに取り上げられているフリースキーヤーのガス・ケンワージー。その見た目のカッコ良さに体中がとろけそうですが、中身も素敵すぎる真のイケメンなんです。 &…

2016.08.21

「好き」と「嫌い」は深層心理が同じだと言われています。その相手を嫌いと思うのは、自分の嫌な部分を相手に投影しているから、あるいは自分が持てない相手の価値観を妬ましく思っているから。それと同様に、際立って同性愛嫌悪を示して…

2016.08.07

東京五輪を4年後に見据えた、リオオリンピック2016が開幕!スタジアム工事の遅れや、治安問題が不安視されていたものの、始まってみれば大きな盛り上がりをみせています。開幕早々、複数の種目において日本選手がメダルを獲得してい…

2016.08.06

ヘイトクライムが未だ残るものの、欧米諸国や日本では、少しずつセクシャルマイノリティに対する理解が広まってきたように思えます。しかし、一部の国では同性愛=死に直結するのです。「編者の雑談」第12弾では、国による同性愛の捉え…