TOP

NEWS

2016.12.05

レディー・ガガ、トランプ次期大統領のもと「LGBTのためにやれることはすべてやる」と宣言

兼ねてからLGBTの厚い支持者でありアイコンでもある歌手のレディー・ガガが、トランプ次期大統領の執政を目下に、LGBTの権利発展に力を尽くすとBBCのインタビューに答え、LGBTコミュニティから熱い視線が注がれています。

 

 

 

強い想いと行動力があるガガ

1612051source/billboard

 

先日、ロンドンにあるウェストフィールドのショッピングモールでライブを開催したレディー・ガガ。ライブ前に行われたBBCのインタビューでは、LGBTへの想いを語っています(写真はヴィクトリアズ・シークレットのショーにて)。

 

 

「私が非常に重要だと思うのは、私自身を含めLGBTQコミュニティを愛するメンバーが、アメリカでこの8年間に行われてきた社会的進歩を守るために、できることはすべてやろうとしていることを、LGBTQの人々に知ってもらうことです」

 

 

 

米大統領選において、ガガはヒラリー・クリントン候補の大の支援者でした。というのも以前こちらの記事で紹介したように、トランプ次期大統領の執政の下では、LGBTを筆頭にマイノリティグループへの差別拡大やへイトクライムが懸念されているからです。選挙後のニューヨークでは、トランプ次期大統領に対する講義集会が開かれましたが、ガガはその集会にも参加しています。現時点、LGBTの権利剥奪といったネガティブな法的措置が取られることは考えにくいですが、トランプ支持者によるヘイトクライムやバッシングはあちこちで報告されています。また、今後LGBTにとってより良い社会として発展していく可能性を秘めているかといえば、そこには疑問が残ります。ガガはそういったアメリカ社会の状況を組み、今回のような発言をしたのでしょう。

 

 

1612052source/THE SUN

 

 

 

「社会的進展がなければ政治的進展は起こりえない、これが真実です。

 

お互いがお互いに親切でなければ、お互いを好きでなければ、決して動くことはできません。すべてに勝るのは“やさしさ”であること、私はこれを思い起こさせる人になるためにここにいます。

 

私たちは思いやりのある場所にとどまるべきですし、今だからこそ結びつきを強くし可能な限り調和すること、また知的にアプローチする必要があるのです」

 

 

たしかに思いやり精神があれば、誰かを差別し排除しようとしたり、傷付けたりするようなことには至らないはずですよね。さらに、自分のイメージついて聞かれたガガはこう答えています。

 

 

「今まで、私はいろいろなことをしてきました。

 

人々が『レディー・ガガはロールモデルじゃない。この(奇抜な)パフォーマンス見た?あれは?』と口にするのも納得しています。

 

でも若かった頃は、私の声を聞いてくれる人々、私が浴びる注目の眼差しを理解できていなかったのです。今は歳を重ね、“自分の声”を認識しています。私の音楽を通して、私のパフォーマンスを通して、できる限りロールモデルになりたいのです。

 

聞いた時に、妹や友人からの暖かい抱擁を感じる……『Joanne/ジョアン』ではそんな音楽が作りたかったのです。あたなが本当に愛する人からの抱擁を感じる音楽を」

 

 

 

ガガは、マドンナが感謝祭の日に訪れたその次の日に、住む場所をなくしたLGBTの若者が集うユースセンター「Ali Forney Centre」にも足を運び、歌を披露しています。

 

 

 

これからトランプ次期大統領が就任し、LGBTの未来がどう動いていくのか予想がつきませんが、少なくとも今まで築いてきたものを壊すことなく、レディー・ガガの言う通りやさしさを胸に、できる限りのベストを尽くしていく必要があるのかもしれません。

 

 

 

Top Photo/Direct Lyrics

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.23

NYに住むあるゲイカップルのもとには、毎年サンタクロース宛の手紙が数え切れないほど舞い込んでくるそう。はじめは間違えだし……と思っていたものの、誰かのためになるならと手紙に応えることを決めます。今では世界規模のプロジェク…

2016.12.22

ニューヨーク在住のとある男性が、ハロウィンにて『SATC』のキャリー・ブラッドショーに仮装。その写真をInstagramに投稿し、プライヴェート設定にしていたアカウントを公開するやいなや、ネット上で話題沸騰! キャリーを…

2016.12.19

「ジェンダーレボリューション」と題した学術雑誌『NATIONAL GEOGRAPHIC(ナショナルジオグラフィック)』の2017年1月特別号。その表紙を飾るのは注目のトランスジェンダー活動家、9歳のエイブリー・ジャクソン…

2016.12.14

心身の変化が顕著な思春期を境に、トランスジェンダーの若者のほとんどが「カラダの性」と「心の性」が一致しないことに悩みはじめると言われています。そんな若者たちにとって、心内を打ち明けられる電話ホットラインはとても大切な場所…

2016.12.09

とあるスピリチュアルグループ(超常現象研究者たち)が、同性愛の根本的な原因を突き止めたと発表し一部で話題となっています。それは遺伝的なものでもなければ幼少期のトラウマでもなく、なんと「幽霊」だというのです……真相はいかに…

2016.12.06

米国最大のLGBT人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(Human Rights Campaign、以下HRC)が、最もLGBTにやさしい企業2017年度版リストを発表。リスト入りした各企業も、Twitterなどを通…

2016.11.29

ゲイをテーマにしたラブコメ映画『Eating Out』でお馴染みのイケメン俳優クリス・サルヴァトーレ。そんな“イマドキ”の彼と、彼の89歳のご近所さんノーマ・クックさんとの間に結ばれた、固い友情が美しすぎると話題になって…

2016.11.26

先週の木曜日、11月24日はアメリカの祝日、サンクスギビングデー=感謝祭でした。感謝祭に合わせて長期の休暇を取り、家族とゆっくり過ごしたり旅行に出かけたりする人も多い中、マドンナの姿はLGBTの若者たちとともにありました…

2016.11.19

プエルトリコが生んだセクシー歌手リッキー・マーティンが、兼ねてから交際していたシリア出身のアーティスト、ジュワン・ヨセフとの婚約を発表しました! ここにきて、またまたビッグなイケメンゲイ家族の誕生です♡   &…

2016.11.17

米大統領選から早くも1週間が経ちましたが、アメリカ国内では未だ支持者と反支持者の間で論争が繰り広げられています。反支持者の中にはリアルに海外移住計画を企てている人もいるそうで、そんな人々に向けてかスウェーデンのある男性が…