TOP

FASHION

2016.11.15

「DIESEL」の新キャンペーン“About You”でトランスモデルたちが新境地を開拓!

多様化への取り組みが目覚ましいファッション業界ですが、トランスジェンダーのモデルがメインストリームで活躍しているとはまだまだ言い難いのが現実。そんな中、イタリア発の人気ブランド「DIESEL」が新キャンペーンにふたりのトランスモデルを起用し話題となっています。

 

 

 

ふたりのトランスモデルに注目!

DIESELが新しく打ち出したキャンペーン“About You”に起用されたのは、トランスジェンダーのモデル、ロイザ・ラマーズ(Loiza Lamers)とベンジャミン・メルツァー(Benjami “Ben” Melzer)。ふたりとも「キャンペーンを飾れたことを誇りに思う」という言葉とともに、自身のInstagramに写真を投稿しています。

 

 

 

 

ロイザは、トップモデルを発掘するリアリティ番組のオランダ版『Holland’s Next Top Model/オランダ・ネクスト・トップ・モデル』で優勝した初のトランス女性モデルです。

 

 

 

 

また以前こちらの記事で紹介したベンジャミンも、トランス男性モデルとして初めてドイツ版『Men’s Health』誌の表紙を飾るという快挙を成し遂げています。

 

 

彼らの成功を目の当たりにすると「トランスモデルにも活躍の場って意外に開かれてるんじゃ……!?」と思う方もいるかもしれませんが、これまで様々な困難を乗り越えてきたふたりです。それでも自分を信じ、夢を諦めなかったからこそ今という成功があると語っています。今回、世界的なブランドの顔として起用されたふたりのインタビューが『PRIDE』にて掲載されているので、そちらの一部をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

Q.出身やモデルになるまでなど、バックグラウンドについて簡単に教えてください。

 

Loiza(以下L):私はオランダ出身よ。こどもの頃からトランスジェンダーとして育ったから、はじめは男の子だったけど女の子として変わっていったの。はじめてトランジション(移行)を開始したのは7歳の時だったわ。16歳の誕生日にはホルモン治療なんかをはじめて、それから2〜3年後に「もう大丈夫ね。なにか新しいことをしたい!」て思って美容師をしてたけど、どうも違うって感じてからモデルをはじめたわ。実はずっとモデルになりたかったんだけど、勇気や自信がなかったのね。でも『オランダ・ネクスト・トップ・モデル』に参加して優勝できた。トランスモデルとして初の快挙だったからかなり大きなニュースになったの。自分で仕事をするようになってベンジャミンとも仕事を始めて、今に至るって感じ!

 

 

Ben(以下B):ある人から、ロンドンで写真撮影に参加しないかってInstagramを通じて連絡をもらったんだ。僕はモデルになりたかったんだ……ってその時気付かされたよ。実はそれがゲイ雑誌『Attitude』の撮影で、「僕はゲイじゃないし、そういうの興味ない」って答えちゃったんだよ。でもスタッフはすぐに、人気雑誌ですし今回はトランスジェンダーについての特集ですって返事をくれて。全然雑誌のことを知らなかった僕は、自分なりに研究をして案件を引き受けることにしたんだ。とても緊張したよ。でもカメラの前に立った瞬間、誰かが新たなボタンを押してくれた感じというか、そこには自分とカメラしか存在しなくて、それがとても心地良かったんだ。その時悟ったよ。「OK、このためにここにいる。これこそ求めてたもの、好きなこと、最高と思えることだ」ってね。

 

 

 

Q.ロイザへ、『オランダ・ネクスト・トップ・モデル』で優勝して、どのくらい人生が変わった?

 

L:すべて変わったわ!村に住むただの少女から、みんなが知る人物になれたの。私が有名に、私が世界のニュースに!ペレス・ヒルトン(セレブゴシップなどが専門の米有名ブロガー)まで私について書いてくれてるんだもの。クレイジーよ。本当にいろんなことが変わったわ、良い意味でね。

 

 

 

Q.ベンは『Men’s Health』誌の表紙を飾ってから人生が変わった?

 

B:その後のことって特に期待してなかったんだ。でもすごく拡散されたんだよ。インタビューしたいとか僕と何か一緒にしたいって世界中の人が連絡してきて、あのアシュトン・カッチャーまでFacebook上にお祝いのコメントをくれたんだ。最初偽物だと思ったけど本物だったね!すごく嬉しかった。僕は、僕がそうしたいと思うフィールドで努力してる。例えば大きなキャンペーンのモデルとか、カルバン・クラインのトランス男性初の下着モデルをやりたいとかね。それが人生の目標でまさに今取り組んでいるところ。もうすぐ叶うと思うね。

 

 

1611151

 

 

Q.DIESELのキャンペーンに携わることになったきっかけは?

 

L:もともとベンと仕事をしてて、お互いを知ってたの。トランスモデルの平等を実現するために何かしなきゃよねって一緒に考えてたわ。世界中の大手ブランドは誇大宣伝のためにトランスモデルを起用しようとしてる。でも私たちってそういう商材じゃない。リアルなモデルだし、自分たちの体で仕事してる。歩いてポーズをとって仕事してる。他のモデルと一緒なの、ただバックグラウンドが違うだけで。私たちにとって、世界を舞台にそれを声にすることが重要なの。そんな私たちと、トランスモデルの平等のために一緒に仕事をしたいと思ってくれる大手ファッションブランドと、トランスモデルがこのビジネスにもっと参加できる環境を作りたいの。そしてDIESELはまさに私たちに協力したいと言ってくれたブランド。これがキャンペーンを始めたきっかけよ。

 

 

B:僕はDIESELから連絡をもらったんだ。私たちと一緒に何かやりませんか?ってメールが来たから、「オーマイガッ!もちろん!」って即答。僕は本当に良いと思うものだけをやりたいんだよね。それにDIESELは僕のお気に入りだし、もちろん大手ブランド。その後僕の事務所が彼らとコンセプトを話し合ってくれたんだ。ロイザがいたから実現したと思うよ。2人のトランスジェンダーがキャンペーンのメインを飾ることはすごく素晴らしいこと、でもこれはトランスジェンダー云々てことじゃないんだ。僕たちっていうモデルについて、僕たちのストーリーについてであって、トランスジェンダーに焦点を当てたわけじゃない。DIESELも僕たちのことや、僕たちのスタイルが好きって言ってくれてるよ。

 

 

Q.キャンペーンに参加して良かったことは?

 

L:私はみんなが知ってるような有名モデルになりたいの、そのために努力してる。そして今回も私たちにとって大きな一歩。世界に私たちのことを見てもいましょう!私たちのストーリーを届けましょう!って。分かるでしょ?トランスモデルのパイオニアになって平等を叶えたいの。このキャンペーンとともに大いに戦うわ。だっていっぱいある中のひとつにすぎないじゃない。

 

 

B:業界は変化してると思うけど、まさにこれが一歩。DIESELはとても勇気があるよね。特にこの業界で頑張るトランスジェンダーにとって良い機会になると思う。僕とロイザは他の人のためにドアを開けようとしてるんだ。僕たちが今味わう大変なことだったり戦わざるを得ないことは、将来のみんなにとってはきっと容易になってるはず。

 

 

1611152

 

 

Q.モデル業界において、トランスジェンダーだから感じることって?

 

L:もちろん過去に何度も差別されたわ。でもモデル業界では、私たちのことを誇大宣伝の商材とするの。ケイトリン・ジェンナーがカミングアウトした時、すべてのトランスモデルが槍玉に挙げられたわ。でも私はそうじゃない。ベンと私はモデルなの。ケンダル・ジェンナーみたいに有名になりたい。私はトランスジェンダーである前にモデルなの。

 

 

B:事務所に所属する前は、僕をモデルとしてポートフォリオに入れてほしいとエージェンシーに何通も手紙を書いてたよ。でも決まって「身長が足りません」って言われるんだ。今、モデル業界は変化してると思うよ。アシュリー・グラハムを見てよ。彼女はプラスサイズのモデルだけど活躍してる。カーラ・デルヴィーニュだって身長は高くないよね。だからこれは身長の問題じゃないんだ。美しい顔の後ろにキャラクターや彼女の物語があるから。僕だって可愛いお顔の持ち主ってことじゃなくて、その前に人間なんだ。最初はこういったことで悩まされたよ。厳しかったけど諦めたくなかった。誰かに「無理」と言われるたびに逆に後押しされて、自分ができることを教えてやりたって思った、きっとその決断に後悔するからなって。そうやって自分に言い聞かせて頑張ってるよ。ファンからのメッセージもすごく励みになる。

 

 

 

Q.ファッション業界やモデル業界に進みたいと考えているトランスジェンダーの若者にアドバイスをお願いします!

 

L:他のモデルと同様に、自分の体をコントロールしなきゃいけないってことかな。そして例え周りがトランスモデルになることを否定しても、それ以上の機会や方法があるから。常にポジティブに、自分がしたいことをして夢を生きて。そうすればすべてがうまくいくわ。

 

 

B:忍耐力をつけよう。世の中には「君にはできない」という人がたくさんいるんだ。でも自分の夢のためにきちんと戦うことができたら、絶対にできないことなんてない。だから耐えて耐えて、そして諦めないことが大事だよ。

 

 

 

 

トランスモデルという肩書きではなく、いちモデルとして戦うふたりの姿を感じ取ることができたのではないでしょうか。世界のトップモデルを目指し、今後も頑張ってほしいです!

 

 

 

“About You”の舞台裏動画も要チェック♩

 

 

 

Article Source/PRIDE

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.11.02

トランスジェンダーの活躍が目覚ましいファッション業界。以前に比べ、その姿を目にする機会が増えてきました。そして今回、女性誌『ELLE』ブラジル版の表紙を飾ったのも、美しさほとばしる19歳のトランスモデルなのです。 &nb…

2016.08.03

レズビアンだけでなく、ストレートの女性をも虜にしているイケメン女子代表ルビー・ローズ。彼女のスタイリングはいつもカッコ良く、洗練されていて真似したい要素がたっぷり。そんなルビーからファッションスキルを盗んじゃいましょう!…

2016.07.23

新鋭デニムブランド「MOTHER/マザー」が、ジェンダーアイデンティティやLGBTの可視化を促すことを目的とした、ジェンダーニュートラルなカプセルコレクション、#LoveYourOtherをローンチしました。 &nbsp…

2016.05.11

モダンなデザインが定評のファッションブランド「Proenza Schouler(プロエンザスクーラ)」が、2016年プレフォールコレクションのルックとムービーをリリース。女性だけで制作したという映像「PS I Love …

2016.04.15

LGBTQコミュニティサポートのパイオニアでもある人気デニムブランド、リーバイス®が「プライドコレクション」をローンチ。本日15日より、日本の各ショップにて順次発売されるので要チェックです!     …

2016.04.08

何かと話題にこと欠かないジャスティン・ビーバーですが、我らがSECRET BOX編集部のお気に入りなんです。前回のこだわりヘアスタイルに引き続き、今回はファッションテクや愛用ブランドなど、彼の一押しストリートスタイルを学…

2016.04.01

「モデルを引退し、女優業に専念する」と話していたカーラ・デルヴィーニュが、サンローランの広告キャンペーンに登場し話題を呼んでいる。時を同じくして、エディ・スリマン氏が同ブランドのクリエイティブ・ディレクターを辞任すること…

2016.03.16

ウィル・スミスを父親に持つジェイデンも現在17歳。俳優業をこなす傍ら、LOUIS VUITTONのレディースキャンペーンの広告塔に選ばれたりとファッションアイコンとしても注目を浴びている彼だが、英男性誌『GQ Style…

2016.02.22

トランスジェンダーのモデルとして名を馳せるオーストラリア出身のモデル、アンドレイ・ペジックが性転換手術後、初めて女性誌の表紙を飾った。世界的にも有名な雑誌『marie claire』のスペイン版3月号だ。   …

2016.02.18

めきめきと大人の色気をまとっていくジャスティン・ビーバー。2009年、デビュー当時の愛らしい見た目と声は、今の姿からは想像するのも難しいほどの成長を遂げている。     特に印象に残っているのが、バッ…