TOP

PR

2016.11.14

真面目なお付き合いがしたいのに……ゲイの出会い系アプリあるある5選

もはや出会いのツールとして欠かせなくなった出会い系アプリ。特に“日常でのパートナー探し”が困難なセクシャルマイノリティにとって、オンラインは貴重な出会いの場。でも、生涯寄り添えるような素敵なパートナーに出会えていますか? 今回はゲイの出会い系アプリにありがちな5つのことをピックアップしてみました!

 

 

 

1.やっぱりヤリ目が多い

app11111source/GAY.tv

 

出会い系アプリに疲れてしまうゲイ男性の数がこのところ増加傾向に。その原因のひとつとして挙げられるのが、真剣な出会いが少ない、つまり「ヤリ目」のユーザーが多いということ。もちろんワンナイト目的で利用している人ばかりという訳ではありませんが、「出会って・ヤッて・さようなら」この3ステップを踏んでしまう人も少なくありません。

 

 

そういう場所だと割り切って利用する分にはむしろ好条件かもしれませんが、真剣にパートナーを探しているにも関わらず雰囲気に流されてなあなあなデートを繰り返してしまう……そんな人は出会い系アプリ疲れに。

 

 

また、マッチングしたはなから「この後セックスしない?」といったメッセージや、いかがわしい写真を送ってくるなんてことも。ゲイアプリを利用している18〜65歳のゲイ男性4,000人を対象にGRABHIM.comが行った調査によると、約83%の人がアソコの写真を受け取ったことがあると回答。アソコがここまで開放的になっていたとは!

 

 

 

 

2.好みがうるさすぎる

app11112source/Mobile Directory

 

マッチングを効率化するためにも、大半のユーザーがプロフィールに自分の好みのタイプを記載していると思います。条件を満たすどうしが出会えたら、その先のやり取りもスムーズですし、関係がグッと縮まる可能性も高くなります。ただし中には好みをこと細かく書きすぎて、一種の差別主義者になってしまっている人もいます。あなたのプロフィールは大丈夫ですか?

 

 

 

 

3.気に入らないとすぐブロックする

app11113source/Blogence

 

「マッチング後にいきなりアソコの写真が送られてきてさ〜怖くてブロックしちゃったよ!」

 

 

この言い分は理解できるのですが、1回デートした後に「なんか気に入らないやつだったな……」と即ブロックしたり、ヤルことはやったからさよならブロック!というやり口、結構多いようです。なかなか恐ろしいものがありますよね。

 

 

 

 

4.ナルシストの気が高い

app11114source/weheartit

 

出会い系につきものなのが品定めならぬ“人定め”。写真とプロフィールだけで、その人が自分に合うかどうかを判断しなくてはいけません。これは逆も然りで、写真とプロフィールでいかに自分をアピールできるかが出会いの鍵となります。

 

 

そこでよく見かけるのが、なぜそのシチュエーションに?と考えさせられてしまうほど凝ったセルフィーや、肉体自慢が散りばめられた写真の数々。自分を良く見せたいのは重々承知、でもそのナルシスト行為が出会いの可能性を狭めているかも……?

 

 

 

 

5.恋愛目的以外のユーザーもいる

app11115source/wiseGEEK

 

出会い系アプリに、意外にも多く身を潜めているのが「詐欺師」。出会いを装いながらあの手この手を使って勧誘行為をはたらく人もいれば、真っ向から金銭が目的なんて嘘付きさんも。

 

 

悪徳詐欺師がいると思うと、純粋にアプリを楽しむことができなくなりますよね。その不信感から、本当の出会いを逃すなんて勿体ないことは避けたいです。

 

 

 

 

じゃあ真剣にパートナーを探しているゲイは出会い系アプリをやめればいいのか、というとそう簡単な話ではなかったりしますよね。どうしても同性愛者というだけで出会いの場は限られてきてしまいます。周りには知られたくない……そんなゲイ男性にとって、公共の場でパートナーを探すことはそう簡単ではないはず。

 

 

 

 

フレンチレストランで和食!?

app11117source/magic4walls

 

ここで重要になってくるのが“出会い系アプリの見定め”です。

 

 

「あそこ、すぐヤレるって有名だよ!」と噂されているクラブに足を運ぶのは、ヤリたいと思っている人だけです。みんな行ってる大きなクラブだし、きっと会話や音楽、ダンスを純粋に楽しみに来る人もいるはず……そんな淡い期待は大概裏切られるだけです。まさに有名フレンチレストランのコースを嗜みながら、自分が求める和食がいつか出てくるはず、そう願っているようなもの。上質な会話や音楽、ダンスを心から楽しみたい人は、そういう人々が集まる別のクラブに行くんですよね。

 

 

アプリも同様、真剣な出会いを求める人々が集まる出会い系アプリを利用すれば、真剣な恋愛が自ずと結果としてついてくるはずです。そこでご紹介したいのがマッチングアプリ「Bridge(ブリッジ)」。

 

 

 

 

マッチングアプリ「Bridge」とは?

巷で話題のアプリ「Bridge(ブリッジ)」は、ゲイ専用の完全会員制マッチングサービスです。真剣な出会いを求める人になぜオススメかって? 実は、その徹底した管理体制に理由があります!

 

 

1. 厳選された会員のみが利用

身分証提示(20歳未満は利用不可)を含む入会審査に合格した、課金ユーザーだけが情報を閲覧できる仕組みとなっているため、真剣にパートナーを探している、厳選された会員と出会うことができます。

 

 

2. 24時間パトロール

24時間監視体制や通報機能により、悪質なユーザーは強制退会となります。また、GPS機能を搭載しないといったプライバシーの配慮も行き届いています。

 

 

3. プロフィールが充実

写真や年収、職業などのプロフィール項目が豊富なため、企業で働くカミングアウトしていない人も多数登録。希望条件にあった、相性の良い相手を毎日紹介してくれます。

 

 

審査や課金といった言葉が並ぶとなんだかハードルが高く感じる、と尻込みしてしまう人もいるかもしれませんが、モラル違反者でない限り審査に落ちるといったことはありませんし、それだけ優良な会員が集まっているということです。

 

 

 

本気の出会いを求めている、生涯を共にできるようなパートナーを探しているという人、ぜひ「Bridge」で理想の恋愛を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

 

「Bridge(ブリッジ)」が気になる人はコチラ!

 

Top Photo/smallBUSINESSIT

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.11.23

重度の買い物依存症に捨てられない症候群……気付けば自宅には、何年も使っていないアイテムが所狭しと眠っている。ものに溢れた物質主義社会では、本当に必要なものが見失われがちです。それに取って代わるのが「ミニマリズム=最小限主…

PR