TOP

LIFESTYLE

2016.10.29

摂りすぎに注意!不妊やダイエット効果も期待できる精力剤「マカ」

主に精力剤として知られいてる「マカ」ですが、海外では栄養たっぷりのスーパーフードとして、とてもトレンディな食材なんです。ただし摂取方法によっては逆効果を招く可能性も。マカの摂取を検討されている方は、しっかりと予備知識を蓄えておきましょう!

 

 

 

Maca/マカとは?

1610291source/VegKitchen

 

マカは南米ペルー原産のアブラナ科多年生植物。根に栄養が詰まっているとし、インカ帝国時代から食物として重宝されてきました。マカと呼ばれる植物は100種類ほど記録されており、うち11種類がペルーにて自生しているそうです。色も違うため、黄色や赤、紫など様々なマカの加工品を目にしたことがある、という人もいるのではないでしょうか。栽培地は標高4,000〜5,000メートルの高地で、過酷な自然環境の下に育ちます。それを想像すると、栄養価が高いのもなんだか納得な気がしますよね。

 

 

ビタミンやミネラル、食物繊維といった主要栄養素をはじめ、体内では生成できない必須アミノ酸を含有していることから、現在ではスーパーフードとして指示が高まっています。

 

 

しかし冒頭で述べたように、日本では健康食材というよりマカ=「精力増強」や「持久力向上」効果があることで広く知られていますよね。男性の勃起を促し、精子の質を高めると言われているアルギニンや男性ホルモンを活性化させる成分、ほかにも筋肉強化、滋養強壮につながる栄養素が多いことから、精力剤の呼び名が高いんです。しかし、作用に対する確実な研究結果があまりないことから、必ずしも効果があると言い切れないのも事実。効かないからと摂りすぎるのはNGです。こんなにもの栄養素が含まれているんです、少なくとも体調改善にはなるはず。

 

 

 

 

女性にうれしい効能も

1610292source/GK

 

アソコが元気になる薬と思っている方へ、実はマカにはホルモンバランスを整える効能があると言われており、生理不順や不妊の改善、更年期障害の緩和など女性にもうれしい効果が期待されているんです。またアミノ酸をバランス良く含むことから、脂肪燃焼を効率的にエネルギー化、つまりダイエットにも効果的とのこと。優秀なマカが手放せなくなりそう!

 

 

 

 

副作用を伴うケースもある

1610293source/FAVIM

 

ホルモンに影響を与えること自体は良いことばかりではないので、すべての女性にオススメできるわけではありません。医療専門家によると、子宮筋腫、子宮内膜症、ある特定の癌の可能性がある女性はマカの摂取を避けたほうが良いとのことです。妊娠中や授乳中の女性も同様です。

 

 

また、マカは刺激物として指定されているわけではありませんが、時に心拍数の上昇や不眠症、腹痛といった副作用を引き起こすことも分かっています。普段からコーヒーなどの刺激物が苦手な方、過敏性腸症候群(IBS)や胃食道逆流症(GERD)を患っている方は、マカによる副作用に注意してください。

 

 

 

 

マカの摂取方法は?

1610294source/SHAPE

 

適切な摂取を心掛ければ、身体の見方となるマカ。根そのものをペルー国外に持ち出すことは法の下禁止されているため、市場に出回っているのは加工されたマカ製品となります。精力剤をうたった商品としては、カプセル錠のサプリメントやドリンクを目にすることが多いと思いますが、料理などで簡単に取り入れられるとして、昨今ではパウダー状の製品も人気です。

 

1610295source/Sunfood

 

Sunfood」のオーガニック マカ パウダーは日本でも購入可能です。

 

 

お好みのスムージーやオートミール、ギリシャヨーグルトにマカパウダーを混ぜれば、ダイエットとして相乗効果が期待できます。繰り返すようですが摂りすぎは禁物、逆に体調不良の原因ともなりかねません! 一般的に1日小さじ4分の1〜2分の1ほどが適量とされています。

 

 

 

精力剤としてだけでなく様々な効能を発揮する栄養素たっぷりのマカ。健康促進のため日々の生活にぜひ取り入れたい食材ですが、摂取量だけは気を付けるようにしましょう!

 

 

Top Photo/The Gaia Health Blog

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.28

前編に引き続き2016年の振り返りとして、今年LGBTであることを公にカミングアウトした著名人をご紹介。SNS上で公表する人もいれば、スピーチでさらっとセクシャリティを明かす人もいたりと、カミングアウトの方法は人それぞれ…

2016.12.27

早いもので2016年も終わりに近付いています。オーランド銃乱射事件をはじめ、LGBTコミュニティにとってもとても色濃い1年だったのではないでしょうか。様々な問題が未だ平行線を辿る中、LGBTの可視化も決して好転したとは言…

2016.12.24

海外のアダルト動画サイト「Pornhub」が、クリスマス関連の検索ワードランキングとその上昇値を発表。多くの人が、シーズンに合わせてアダルトサイトを有効活用していることが判明しました! その気になる人気検索ワードとは? …

2016.12.18

日本では恋人たちのクリスマスも、欧米では家族で過ごすことがほとんどです。こどもたちにとって素敵な祝日、冬となるように親たちは大奮闘するんですよね。レズビアンママたちも例外ではありません! Instagramにも可愛すぎる…

2016.12.17

フィットネスサイト「Fitrated.com」のリサーチャーが2,000人以上のアメリカ人を対象に、パートナーのカラダのどのパーツに最も魅力を感じるかについての調査を行いました。今回は、ゲイ男性・レズビアン女性の回答に絞…

2016.12.12

家族や恋人、友人などクリスマスは大切な人と過ごしたいですよね。そんなクリスマスをテーマにしたテレビCMが、心浮き立つ音楽とともに世界各国で流れています。特にヨーロッパでは、LGBTにそっとフィーチャーしたCMが話題なんで…

2016.12.08

LGBTであることをカミングアウトして職を失った、あるいは職を失うことが怖くてカミングアウトできない。だからといって自分を偽って生きていくのは息苦しい……そんな葛藤を抱える人は少なくないはず。それは今活躍しているゲイ俳優…

2016.12.04

12月に入り、街の雰囲気もより一層クリスマス色に染まってきましたね。25日の本番に向けて、プレゼントを用意したりパーティの準備を進めたりと大忙しの人も多いと思いますが、まだまだ周りの雰囲気に置いていかれている……というゲ…

2016.11.30

「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーにゲイの親友スタンフォードがいるように、キラキラ輝いた女性のそばには、的確なアドバイスを与えてくれるゲイ男性の親友がいるイメージですよね。ステレオタイプ色が強い通説ではあるものの…

2016.11.25

ストレートの男性に比べて、ゲイ男性には負けず嫌いの人が多いと感じませんか? 「競争心」は努力や成長の糧となるため、決して悪いことばかりではありません。ただ、あまりにも頑張りすぎると途中で息切れしてしまいます。きっとそんな…