TOP

LIFESTYLE

2016.10.24

悩みやストレスを抱え込まないで!「水の入ったグラス、どのくらい重い?」のお話

学業や仕事、人間関係などにおいて、ストレスを感じない日がないと言っても過言ではない現代社会。そこにセクシャルマイノリティという生きづらさが重なり、苦悩から抜け出せないという人もいるでしょう。そんな時にちょっとでも良いから考えてみてほしいお話、それが「水の入ったグラス」。

 

 

 

コップの中の水の重さって…?

心理学者がネット上に投稿し、瞬く間に世界中に広まったお話なのですが、まだこの話を知らないストレスでがんじがらめになっている人に、ぜひ心に留めてもらえれば……と思いピックアップしました。

 

 

 

ストレスマネジメントの講義を行っているとある大学の心理学教授が、水の入ったグラスを持ち上げ生徒の前でこう問いました。

 

 

 

「この水の入ったグラス、どのくらい重いと思いますか?」

 

 

161024topsource/AUTHORITY NUTRITION

 

 

生徒は「200mLくらいじゃない?」「え、500mLはあると思うから結構重そう」と自分の考えをそれぞれ口にします。

 

 

 

そんな生徒たちをよそに、教授は回答を伝えます。

 

 

「実際に大事なことは重さじゃないんです。
本質は、どのくらいの時間私がこのコップを持っていたかということです。

 

たった1分しか持っていないなら、軽く感じるでしょう。
もし1時間持っていたとしたら、腕が痛くなるでしょう。
もし1日中持っていたとしたら、腕が痺れてきて感覚が麻痺するでしょう。

 

それ以上?
もうやめちゃいないよ、置いちゃいなよという誘惑と戦うことになるでしょうね。

 

でも、よく考えてみてください。グラスの中の水の量はまったく変わっていないんです。でも実際の重さに関係なく、持つ時間が長ければ長いほど重く感じるのです」

 

 

 

たしかに同じ質量のものも、持ち続けていると不思議と重く感じるものですよね。ここで教授は、さらにこう続けます。

 

 

1610241source/Medical Daily

 

 

「人生におけるストレスや悩みも、グラスの中の水と同じです。

 

少しの期間だったら、なんとか自己管理できる気がしますよね。
でも、時間がプラスされていくと傷みが伴ってきます。

 

もしそのことを1日中悩んだり、それよりもっと多くの時間を悩みに費やしたりすると、段々と感覚が麻痺し絶望感が生まれます。そして、他のことに一切集中できなくなってしまうんですよね。

 

 

ここで話したいことは、できる時にグラスを置くこと=ストレスを放つ、ということ。

 

 

午後なるべく早い時間に、肩の荷を降ろしてみてください。
午後遅く、あるいは夜まで持ち越さないようにしてみてください。

 

 

言うのは簡単だけど、実際にやってみるにはそれなりの努力が必要だ、と思うかもしれませんね。

 

 

でもね、ほとんどの場合が思っている以上に簡単なことだったりするんですよ」

 

 

 

1610242source/Happy Birthday Daddy

 

 

ストレスや悩みって抱えれば抱えるほど苦しくなるもの。一度その原因をリリースしてみると、スッキリしたり違う観点で解決方が見えてきたりするんです。

 

 

 

今、嫌なことばかり抱えてしまっているという人へ。

 

 

この話を心に描き、自分を解放してあげる期間をつくってみてください。

 

 

ちょっとは心が軽くなるかもしれません。

 

 

 

Top Photo/Alkaline Organic Water

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.28

前編に引き続き2016年の振り返りとして、今年LGBTであることを公にカミングアウトした著名人をご紹介。SNS上で公表する人もいれば、スピーチでさらっとセクシャリティを明かす人もいたりと、カミングアウトの方法は人それぞれ…

2016.12.27

早いもので2016年も終わりに近付いています。オーランド銃乱射事件をはじめ、LGBTコミュニティにとってもとても色濃い1年だったのではないでしょうか。様々な問題が未だ平行線を辿る中、LGBTの可視化も決して好転したとは言…

2016.12.24

海外のアダルト動画サイト「Pornhub」が、クリスマス関連の検索ワードランキングとその上昇値を発表。多くの人が、シーズンに合わせてアダルトサイトを有効活用していることが判明しました! その気になる人気検索ワードとは? …

2016.12.18

日本では恋人たちのクリスマスも、欧米では家族で過ごすことがほとんどです。こどもたちにとって素敵な祝日、冬となるように親たちは大奮闘するんですよね。レズビアンママたちも例外ではありません! Instagramにも可愛すぎる…

2016.12.17

フィットネスサイト「Fitrated.com」のリサーチャーが2,000人以上のアメリカ人を対象に、パートナーのカラダのどのパーツに最も魅力を感じるかについての調査を行いました。今回は、ゲイ男性・レズビアン女性の回答に絞…

2016.12.12

家族や恋人、友人などクリスマスは大切な人と過ごしたいですよね。そんなクリスマスをテーマにしたテレビCMが、心浮き立つ音楽とともに世界各国で流れています。特にヨーロッパでは、LGBTにそっとフィーチャーしたCMが話題なんで…

2016.12.08

LGBTであることをカミングアウトして職を失った、あるいは職を失うことが怖くてカミングアウトできない。だからといって自分を偽って生きていくのは息苦しい……そんな葛藤を抱える人は少なくないはず。それは今活躍しているゲイ俳優…

2016.12.04

12月に入り、街の雰囲気もより一層クリスマス色に染まってきましたね。25日の本番に向けて、プレゼントを用意したりパーティの準備を進めたりと大忙しの人も多いと思いますが、まだまだ周りの雰囲気に置いていかれている……というゲ…

2016.11.30

「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーにゲイの親友スタンフォードがいるように、キラキラ輝いた女性のそばには、的確なアドバイスを与えてくれるゲイ男性の親友がいるイメージですよね。ステレオタイプ色が強い通説ではあるものの…

2016.11.25

ストレートの男性に比べて、ゲイ男性には負けず嫌いの人が多いと感じませんか? 「競争心」は努力や成長の糧となるため、決して悪いことばかりではありません。ただ、あまりにも頑張りすぎると途中で息切れしてしまいます。きっとそんな…