TOP

LIFESTYLE

2016.10.20

「ハロウィンでドラァグクイーンの仮装がしたい!」9歳の少年が描くヒーロー

こどもにとってもお楽しみが詰まったハロウィン。男の子は戦隊モノや警察官、スポーツ選手など憧れのヒーローに変身できる機会でもあります。でも、もしこどもが親の意図するヒーローと異なる対象を思い描いていたとしたら、あなたはどうしますか?

 

 

 

ドラァグクイーンの仮装がしたい

アメリカに住むロリさんには、9歳になる息子C.J.がいます。同年代の少年たちがするように、彼もハロウィンに向けてヒーローになる準備を進めていました。でも、C.J.がなりたいのはスーパーマンでもなければ消防士でもなく、「ボブ・ザ・ドラァグクイーン(Bob The Drag Queen)」だったのです。

 

 

1610201source/survivor sucks

 

ボブ・ザ・ドラァグクイーンはその名から分かる通り、米人気リアリティ番組「RuPaul’s Drag Race/ル・ポールのドラァグレース」の最新シーズン8で優勝したドラァグクイーンです。全米の厳しい審査を勝ち抜いた数名のドラァグクイーンが、スーパースターの座をかけ争うこちらの番組。トップに輝くということはとても栄誉なことです。そんなドラァグクイーンは、C.J.に自分らしくいること、自分のスタイルを開拓すること、周りの批判は聞き流すこと、そして何より自分自身を愛するパワーと重要性を教えてくれたと言います。

 

 

ボブ・ザ・ドラァグクイーンがリリースした『Purse First』のミュージックビデオに釘付けになるC.J.。母ロリさんは「その時から、彼の中でハロウィンのテーマが決まっていたんだと思うわ」と語っています。以前からC.J.が“クィア”であることに気付いていた母、彼が彼らしくいることを誇りに思い、戸惑うことなく彼の要望を聞き入れます。ただ、ひとつ問題が。

 

 

 

 

FuGuncleが助けに来たよ!

「私は針子でもないし、メイクアップアーティストでもないわ。ウィッグだってバッグだって作ったことないのよ。ただの田舎のママだし、お店に行くのが面倒だからってあり合わせで料理するくらい怠け者なの。でもそんな私のことを知ってか、C.J.ったら『ママ、ネットでドレスを注文するとかダメだからね! FuGuncle(Fun Gay Uncle=面白いゲイの叔父)を呼んで!』と言うの」

 

 

ラッキーなC.J.! とても頼りになるゲイの叔父さんがいたんですね。実に正論だと思ったロリさんは、叔父さんにヘルプを頼みます。数日後、マイケル叔父さんはウィッグにつけまつげ、真珠とアイデアを持ってウエストハリウッド(LAのゲイタウン)からやってきます。

 

 

16102021610204source/THE HUFFINGTON POST

 

マイケル叔父さんはC.J.の買い物を手伝い、ドレスに合わせたオリジナルバッグも作成。残念なことにハロウィン当日は立ち会えないため、ダイニングルームを教室代わりにウィッグのセットの仕方やメイクのレクチャーを始めます。

 

 

 

 

母が抱える不安

「マイケルのレクチャーでしっかり頭に叩き込まないと。当日失敗しないか心配だわ。後私がやるべきことは、ペチコートの購入!それと私、C.J.に話しておかなきゃいけないことがあるんだけど、なかなか口に出せないのよ。(保守的な)ご近所さんたちはC.J.の特別感を分かってくれないかもしれない、ということなんだけど」そう話すロリさん。海外では「トリックorトリート!お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!」と、仮装したこどもたちがご近所の家々を訪ねるのが主流となっています。たしかに家族の中ではOKなことも、一歩外に出るとOKじゃなくなるという悲しい現実があります。

 

 

そんな母の気持ちを揺さぶる出来事が。

 

 

 

ご近所さんや友達に「今年のハロウィンは何するの?」と聞かれるたびに「ん〜分からない」とさりげなく答えるC.J.を見たロリさん。周りにからかわれるのが怖くて言えないのかな……と心配になり、「どうしてハロウィンのこと、友達に秘密にしてるの?」と直接尋ねます。

 

 

1610203source/THE HUFFINGTON POST

 

そこで返ってきた言葉はこうでした。

 

 

だって、ボブ・ザ・ドラァグクイーンになるなんて素晴らしいアイデア、誰にも盗まれたくないもん!

 

 

 

 

なんと芯の強い息子なのでしょう。本人の意思はもちろん、そこには親の理解やサポートがあるからだと思います。ロリさんはハロウィンの仮装について話す以前から、C.Jのジェンダーやセクシャリティに理解があったそうですが、いつどんな時にこどもの気持ちに気付けるか、それは予測できないですよね。中にはハロウィンがきっかけとなる人もいるかもしれませんね!

 

 

 

そんな時のために、こどもをどうサポートしていけばいいのか、たとえこの先身に起きないとしても(それも本当に起きないかは分かりません)、普段からちょっとばかし考えてみることも大事なのかもしれませんね。

 

 

 

Top Photo and Article Source/THE HUFFINGTON POST

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.28

前編に引き続き2016年の振り返りとして、今年LGBTであることを公にカミングアウトした著名人をご紹介。SNS上で公表する人もいれば、スピーチでさらっとセクシャリティを明かす人もいたりと、カミングアウトの方法は人それぞれ…

2016.12.27

早いもので2016年も終わりに近付いています。オーランド銃乱射事件をはじめ、LGBTコミュニティにとってもとても色濃い1年だったのではないでしょうか。様々な問題が未だ平行線を辿る中、LGBTの可視化も決して好転したとは言…

2016.12.24

海外のアダルト動画サイト「Pornhub」が、クリスマス関連の検索ワードランキングとその上昇値を発表。多くの人が、シーズンに合わせてアダルトサイトを有効活用していることが判明しました! その気になる人気検索ワードとは? …

2016.12.18

日本では恋人たちのクリスマスも、欧米では家族で過ごすことがほとんどです。こどもたちにとって素敵な祝日、冬となるように親たちは大奮闘するんですよね。レズビアンママたちも例外ではありません! Instagramにも可愛すぎる…

2016.12.17

フィットネスサイト「Fitrated.com」のリサーチャーが2,000人以上のアメリカ人を対象に、パートナーのカラダのどのパーツに最も魅力を感じるかについての調査を行いました。今回は、ゲイ男性・レズビアン女性の回答に絞…

2016.12.12

家族や恋人、友人などクリスマスは大切な人と過ごしたいですよね。そんなクリスマスをテーマにしたテレビCMが、心浮き立つ音楽とともに世界各国で流れています。特にヨーロッパでは、LGBTにそっとフィーチャーしたCMが話題なんで…

2016.12.08

LGBTであることをカミングアウトして職を失った、あるいは職を失うことが怖くてカミングアウトできない。だからといって自分を偽って生きていくのは息苦しい……そんな葛藤を抱える人は少なくないはず。それは今活躍しているゲイ俳優…

2016.12.04

12月に入り、街の雰囲気もより一層クリスマス色に染まってきましたね。25日の本番に向けて、プレゼントを用意したりパーティの準備を進めたりと大忙しの人も多いと思いますが、まだまだ周りの雰囲気に置いていかれている……というゲ…

2016.11.30

「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーにゲイの親友スタンフォードがいるように、キラキラ輝いた女性のそばには、的確なアドバイスを与えてくれるゲイ男性の親友がいるイメージですよね。ステレオタイプ色が強い通説ではあるものの…

2016.11.25

ストレートの男性に比べて、ゲイ男性には負けず嫌いの人が多いと感じませんか? 「競争心」は努力や成長の糧となるため、決して悪いことばかりではありません。ただ、あまりにも頑張りすぎると途中で息切れしてしまいます。きっとそんな…