TOP

EDITOR'S

2016.10.16

【編者の雑談】ゲイの出会い系アプリを通じで起きた連続殺人事件〜だから出会い系は怖い〜

昨今、出会い系アプリを通じて出会った者同士愛を育んでいる人も多いと思いますが、素性が分からない人、こちらが意図せぬ目的で利用している人と出会う可能性もあるのがシステムの盲点ですよね。今回はそんな出会い系アプリの危険性を再確認するために、イギリスの事件とともに考察したいと思います。

 

 

 

殺人、レイプを含む29の事件に関与か

1610161source/Mirror

 

昨年、2014年6月から2015年9月にかけ出会い系アプリを通じて出会った男性4人を殺害したとして、東ロンドン出身40歳のゲイ男性ステフェン・ポート(Stephen Port)が逮捕されました。

 

 

殺害された男性4人は21〜25歳の若者で、当時警察は「生命に危険を及ぼし、意図的に身体に重傷を負わせるために毒を投与した」と起訴理由を述べており、GHBというドラッグによるオーバードーズを死因としています。

 

 

 

その後の警察の調査により、現在4つの殺人事件、7つのレイプを含む29の事件にポートが関与しているとされていますが、ポートはこれらすべてを否認しており、実刑判決は出ていません。しかし、最初の殺人事件の被害者である少年に関して、「フラットの外で男性を発見した」とポート自ら999(緊急通報用電話番号)に電話しており、証言に偽りがあることが今年10月に開始された公判にて指摘されています。さらに、様々な若い男性とセックスしているポートを映したビデオが83も押収されており、撮影者らしき人物がいることも明らかになっています。

 

 

 

 

良い人を装いドラッグを使用して強姦

1610162source/credit.com

 

上記と並行し、ポートがレイプや殺人のためにいかに出会い系アプリやサイトを利用していたかも明らかになってきています。情報によると、海外でユーザーが多いゲイ専用出会い系アプリ「Grindr」をはじめ、12のプラットフォームで18ものアカウントを所有し、主に本人より背が低く、細めで毛の薄い18〜24歳のトウィンク(こちら参照)を探していたそうです。

 

 

自分についてやアプリやサイトの利用目的、好みのタイプをプロフィール欄に記載する人がほとんどだと思いますが、彼の場合はかなり限定的な内容を載せていますね。さらに上半身裸の自らの写真を使用するなど、自分に自信がある様子も伺えます。

 

 

 

裁判では、ある被害者男性が実際にゲイ専用SNS「Fitlads」を通じてポートに出会い、薬漬けにされたことを証言しています。

 

 

「単に興味がありました。ゲイコミュニティに所属する人々と出会いたかったんです。私は普段お酒を飲まないのでナイトクラブにも行ったことがなく、それもあってサイト上で出会いを求めていました」

 

 

数人の男性と出会い、みながセックス目的であったことを前提に、「彼(ポート)はサイト上の他の男性と違って、セックス目的な雰囲気を感じさせませんでした」と陪審員に語っています。

 

 

特に目立った行動もなく何度かポートの自宅を訪れたそうですが、5度目の訪問で合法ドラッグ、ポッパーを使用することに。

 

 

「体がリラックスし、火照ってきました。そのまま彼のベッドで寝てしまったんです。その後、透明なガラスの容器を手に部屋に入ってくる彼を見たのを覚えています。容器に入っているのは水で、目が覚めるよと言ってきました。そして飲んだ瞬間、意識がなくなったんです」

 

 

 

その後彼が覚えているのは、裸で叫びながら地面を這っていたことだそう。

 

 

「気が狂いそうでした。体が麻痺した感じでコントロールが効かない私に、彼が服を着せてきました」

 

 

なんとか無事帰宅することができたものの、親に迷惑をかけたくないという気持ちから自分に起きたことを隠そうとしますが、真実を明らかにしたいと思い立ち、ポートとコンタクトを取ろうと試みます。

 

 

「こんなことおかしい、と思い彼に電話やメッセージをしました。何をしたの?どんな薬を与えたの?と怒りが湧き上がってきたんです」

 

 

しかし、ポートからは何の連絡もなかったそうです。

 

 

出会い系サイトで出会った好みの男性をうまい口で言いくるめた後にレイプし、放り出すという残忍な行動がとても恐ろしいです。少なくとも4人は息をふきかえすことがなかったと考えると、なんとも心苦しいと思うと同時に被害者同様、怒りが込み上げてきますね。

 

 

 

危険はいつだって隣り合わせ

Fearful peek over a tablesource/And That’s Why You’re Single

 

まるで海外ドラマに出てきそうな話ですが、実際に起きた事件であり公判はいまだ続いています。日本では、表立ったドラック絡みの殺人事件があまりないように思えますが、出会い系で出会った人に騙される、危険な目にさらされるといった事件は起きてもおかしくありません。

 

 

出会いのツールとしてかなり一般的になってきた出会い系アプリやサイトですが、常に危険と隣り合わせだということは意識したほうが良いと思います。自分に限ってないだろう、と思うのはナンセンス。特に好奇心旺盛な10代や20代前半の若者は、危険を顧みず行動する節が……恐怖心にかられては何もできないという声が聞こえてきそうですが、何かが起きてからでは遅い、ですよね。この容疑者のような恐ろしい人が、世の中には想像している以上にいると思いますよ。オンライン上で偽ることは簡単にできますし、ご対面の瞬間に何かされるなんてこともあり得ます。そう、いつ被害にあってもおかしくないのが現実です。

 

 

と、なんだかお節介野郎みたいな内容になってしまいましたが、少なくとも自ら危ないところに飛び込むことだけはやめましょうね。

 

 

 

Top Photo/bluechameleon

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.01

レイプと聞いて、男性の被害者を思い浮かべる方はほとんどいないのではないでしょうか。強姦事件の発生の割合からいくと、男性が加害者であることのほうが多いかもしれませんが、だからといって男性被害者の存在を否定してしまうのは間違…

2016.11.07

GLAADが2016-17シーズンのテレビレポートを公表。過去に比べLGBTQの露出が増えたものの、まだまだ改善すべき問題があることを提示しています。特に顕著なのがLGBTQ内での差別。とにかくレズビアンキャラが死んでし…

2016.10.05

意識しているしていないに関わらず、こどもが手にするおもちゃにも“男の子用” “女の子用”と見えないラベルが付けられていると思いませんか? あるトイストアのCMは、シンプルながらもそんなステレオタイプを覆すメッセージが込め…

2016.09.13

先週末にメキシコで起きた「反同性婚デモ」にて撮影された1枚の写真が物議を醸しています。そこには、大勢の抗議者と警察車両を前に、両手を広げて立ちはだかる1人の少年が写し出されています。この緊迫感ある情景から、何を感じますか…

2016.09.01

海外ドラマ『ホワイトカラー』などで知られるイケメンゲイ俳優マット・ボマー。この度、新ドラマにてトランスジェンダーの女性役に抜擢されたのですが、これはトランスジェンダーに対する差別だと物議を醸しています。果たして、彼は断る…

2016.08.30

2015年にカミングアウトしてから、何かとイケメンゲイ枠で様々なメディアに取り上げられているフリースキーヤーのガス・ケンワージー。その見た目のカッコ良さに体中がとろけそうですが、中身も素敵すぎる真のイケメンなんです。 &…

2016.08.21

「好き」と「嫌い」は深層心理が同じだと言われています。その相手を嫌いと思うのは、自分の嫌な部分を相手に投影しているから、あるいは自分が持てない相手の価値観を妬ましく思っているから。それと同様に、際立って同性愛嫌悪を示して…

2016.08.07

東京五輪を4年後に見据えた、リオオリンピック2016が開幕!スタジアム工事の遅れや、治安問題が不安視されていたものの、始まってみれば大きな盛り上がりをみせています。開幕早々、複数の種目において日本選手がメダルを獲得してい…

2016.08.06

ヘイトクライムが未だ残るものの、欧米諸国や日本では、少しずつセクシャルマイノリティに対する理解が広まってきたように思えます。しかし、一部の国では同性愛=死に直結するのです。「編者の雑談」第12弾では、国による同性愛の捉え…

2016.07.26

早くも第11弾となる「編者の雑談」ですが、今回はバイセクシャルを過渡期としてレズビアンと自認するには、どういった根拠が必要なのか考えてみたいと思います。レズビアンをテーマにはしていますが、バイ→ゲイでも同じことが言えるか…