TOP

LIFESTYLE

2016.10.02

これ前にも経験したことがある……「デジャヴ」ってなぜ起きるの?

初めて訪れる場所なのに、前にも来たことがあると感じたり、なんだかこの状況は前にも見たことがある……など、一度も体験したことがないのに、すでに体験したかのように感じること。これが「デジャヴ」ですが、それがなぜ起きるのかの理由は謎に包まれているんです。

 

 

 

デジャヴは「Déjà vu」=すでに見たというフランス語で、日本語では既視感。超心理学者エミール・ブワラックがその言葉を使用した第一人者と言われおり、実に約3人に2人が1度は体験している、という研究報告もあります。こんなにも多くの人が体験しているにも関わらず、主観的な経験であるがゆえにその実態は謎に包まれたままで、研究もあまり進んでいないのが実際のところ。確固たる理由やデジャヴのプロセスは証明されておらず現在は仮説止まりですが、そのいくつかをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

似ているような経験をしたことがある

1610021source/New Scientist

 

一番有力な仮説として一部の研究者が唱えているのは、実際の過去の経験と同じような状況に陥ると、デジャヴが引き起こされるのではないかということです。例えば、訪れたホテルのロビーが、幼少時代に過ごしていた家のリビングルームとまったく同じようなインテリアだった場合などです。

 

 

2009年に行われたある研究では、フェンスのある中庭とロッカールームといったそれぞれまったく関係のない写真を見せたところ、被験者はデジャヴを感じたというのです。それぞれの構図がとても似ていたから、というのが理由になります。

 

 

よく旅行に出かける人や夢を思い出すことが多い人は、デジャヴが起こりやすいと言われているのですが、普段とは似つかわない様々な経験をすることで情報源が広がるため、 似ている!と感じるシチュエーションが多くなるのです。

 

 

 

 

記憶の整理で誤作動が起きる

Pretty traveler woman with backpack on a mountainsource/ABSOLUTRAINING

 

脳内で記憶を司る海馬にて、情報の錯誤があるとデジャヴが引き起こされるという仮説もあります。海馬は記憶の一時的な保管場所なので、意図せぬタイミングで記憶が蘇るのかもしれません。そのため、デジャヴ自体が曖昧だったり、デジャヴという体験そものが記憶に残っていなかったりするのです。

 

 

一方、長期的な記憶を司るのは側頭葉。ここでも、複数の情報を処理している際に何らかの理由で正しく整列させることができない場合、デジャヴの要因となるのではないか、とも言われています。

 

 

ともに、記憶の整理で誤作動が起き、デジャヴという曖昧な形で発信されているのですね。

 

 

 

 

現在の経験が遅れて脳処理されている

Lights Of Human Mindsource/URBAN HERBALIS

 

今現在の経験の情報が何らかの理由で遅れて脳に伝わる、というタイムラグが起き、あたかもデジャヴを体験しているかのように錯覚を引き起こしているのではないか、という仮説もあります。

 

 

人の行動は、感覚情報として分割された情報が、様々なルートを通り脳の皮質情報に到達することで、体験が脳内で再構築されます。しかし、感覚情報がバラバラに届くことで情報に順番ができてしまい、遅れて届いた情報を一連の流れでなはく、独立したものとして理解するそうです。さらに、一連の流れにフィットしないがゆえに、それを過去の体験によるものだろう=デジャヴとして処理されるとのこと。つまり、思い込みということです。

 

 

 

 

パラレルワールド?仮想現実?

1610024source/EDGARDAILY

 

上記の仮説とは180度違う内容となりますが、人間が認識している実世界以外の影響を受け、デジャヴが起きるのではないかという、SF的な仮説も飛び交っています。

 

 

日系アメリカ人の理論物理科学者ミチオ・カク博士は、目の前に広がっている現実以外にも無数のパラレルワールドが存在し、不意に訪れた“エラー”で、その別の世界に足を踏み入れることがある、これがまさにデジャヴ現象のメカニズムだと提唱しています。

 

 

またここ最近では、仮想現実説が話題になっていますよね。先日、投資銀行メリルリンチのシンクタンクが、「現世界が仮想現実である可能性が50%」と発言したことから物議を醸していました。もし、現実だと信じこんでいるこの世界がAIによるシュミレーションであったら、デジャヴにも外的要因があるのかもしれません。

 

 

 

 

あくまですべて仮説であり、デジャヴの要因となる確固たる証明はなされていません。それにしても、デジャヴのあの変な感覚……今後の調査にてその理由が明らかになることを願いましょう!

 

 

Top Photo/world of MOMS

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.28

前編に引き続き2016年の振り返りとして、今年LGBTであることを公にカミングアウトした著名人をご紹介。SNS上で公表する人もいれば、スピーチでさらっとセクシャリティを明かす人もいたりと、カミングアウトの方法は人それぞれ…

2016.12.27

早いもので2016年も終わりに近付いています。オーランド銃乱射事件をはじめ、LGBTコミュニティにとってもとても色濃い1年だったのではないでしょうか。様々な問題が未だ平行線を辿る中、LGBTの可視化も決して好転したとは言…

2016.12.24

海外のアダルト動画サイト「Pornhub」が、クリスマス関連の検索ワードランキングとその上昇値を発表。多くの人が、シーズンに合わせてアダルトサイトを有効活用していることが判明しました! その気になる人気検索ワードとは? …

2016.12.18

日本では恋人たちのクリスマスも、欧米では家族で過ごすことがほとんどです。こどもたちにとって素敵な祝日、冬となるように親たちは大奮闘するんですよね。レズビアンママたちも例外ではありません! Instagramにも可愛すぎる…

2016.12.17

フィットネスサイト「Fitrated.com」のリサーチャーが2,000人以上のアメリカ人を対象に、パートナーのカラダのどのパーツに最も魅力を感じるかについての調査を行いました。今回は、ゲイ男性・レズビアン女性の回答に絞…

2016.12.12

家族や恋人、友人などクリスマスは大切な人と過ごしたいですよね。そんなクリスマスをテーマにしたテレビCMが、心浮き立つ音楽とともに世界各国で流れています。特にヨーロッパでは、LGBTにそっとフィーチャーしたCMが話題なんで…

2016.12.08

LGBTであることをカミングアウトして職を失った、あるいは職を失うことが怖くてカミングアウトできない。だからといって自分を偽って生きていくのは息苦しい……そんな葛藤を抱える人は少なくないはず。それは今活躍しているゲイ俳優…

2016.12.04

12月に入り、街の雰囲気もより一層クリスマス色に染まってきましたね。25日の本番に向けて、プレゼントを用意したりパーティの準備を進めたりと大忙しの人も多いと思いますが、まだまだ周りの雰囲気に置いていかれている……というゲ…

2016.11.30

「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーにゲイの親友スタンフォードがいるように、キラキラ輝いた女性のそばには、的確なアドバイスを与えてくれるゲイ男性の親友がいるイメージですよね。ステレオタイプ色が強い通説ではあるものの…

2016.11.25

ストレートの男性に比べて、ゲイ男性には負けず嫌いの人が多いと感じませんか? 「競争心」は努力や成長の糧となるため、決して悪いことばかりではありません。ただ、あまりにも頑張りすぎると途中で息切れしてしまいます。きっとそんな…