TOP

LIFESTYLE

2016.09.17

姉妹が弟にメイクをして遊んでる…ゲイにならない?と不安を抱える親への名回答集

アメリカ最大級の掲示板型ソーシャルサイト「reddit」に投稿された、ある母親からのお悩み相談。どうやら息子がゲイになってしまうのではないかと夫が苛立っているそう。そこに寄せられた回答がとても素晴らしかったのでご紹介します。

 

 

 

我が子が「ゲイになること」を恐れている

1609171source/Women Diaries

 

悩みを抱えたある母親は、掲示板に助けを求めました。

 

 

「私には5人のこどもがいるのですが、娘たちが弟にメイクを施して遊ぶんです。最初は、ただの遊びとその可愛い姿に笑っていました。夫もその時は特に何も言っていなかったのですが……息子がメイクをしているのを見て、心の奥底ではかなりショックを受けていたようで……」

 

 

よくよく旦那さんの心内を聞いてみると、まだまだ多感で影響されやすい息子の心が娘たちによって破壊されていくのではないか、(旦那さん曰く)悪魔のようなメイクに味を覚えてしまうのではないか、次はドレスを着させるのではないか、とそれらをすることで5歳の我が子が“ゲイになること”を恐れているというのです。

 

 

さらに「夫はこの件でノイローゼ気味になってしまいました。私に判断が任されているのですが、何かできることはあるのでしょうか?」と続ける母親。

 

 

 

 

メイクを楽しむことと性的指向は関係ない!

1609172source/gettyimages

 

お悩み投稿後、経験豊かな多くのユーザーから名回答が続出。

 

 

あるユーザーは、“何かが息子さんをゲイにするということはない”と強調しながら、「まず、旦那さま自身のホモフォビア(同性愛嫌悪)な考え方について一度話し合ったほうがいいのでは? 息子がゲイで何がいけないのでしょうか。あなたたちには5人もお子さんがいらっしゃるそうですね。実際にその内の1人がカミングアウトしたらどうなさるおつもりですか?」と回答。

 

 

また、それに同意を示すユーザーも「こどもには皆自分の意思があるのだから、何が好きとか嫌いとか、さらには性的指向に関しても、親がコントロールするものではありません。旦那さまはそれに気付くべきですね」と投稿しています。

 

 

 

他のユーザーからも、メイクはこどもが楽しい、やってみたいと思う好奇心のひとつであって、それが性的指向に直結するわけではないという回答が多数寄せられています。

 

 

「私の親友はドラァグクイーンをしています。彼の2歳になる甥がその親友のメイクに興味を持ったんです。彼は甥っ子専用のやわらかいパウダーブラシをプレゼントしていました。さらにその甥っ子は父親のバックホー(建設機械)にも興味を示して、泥んこになるまで遊んでいました。甥はまだこどもだし、こどもは単純に楽しそうと思ったもので遊ぼうとしているだけなんです。メイクは楽しいですからね」

 

 

「私たち姉妹は、昔よく弟の爪にネイルを塗ったり、ディズニープリンセスのドレスを着させて遊んでいました。弟も楽しんでたし、むしろドレスアップさせて!と頼んでくるくらいでした。でも、彼はゲイではありません(別にゲイでも問題ないのですが)。ドレスの本当の持ち主である私たち姉妹は今、ふたりとも女性とデートしてるんですけどね」

 

 

 

これらの回答、説得力があると思いませんか? 一度、旦那さんが寝ている間にメイクをしてあげるのも良いかもしれませんね。起きた時、自分の顔が素敵に変身していることに驚くはず。同時に、メイクをしたからってゲイになるわけではないとも気付くでしょう。

 

 

 

 

きっと同じような体験をしたことがあるというご両親、兄弟・姉妹の方もいるのではないでしょうか。もし仮にお悩み相談した母親、そして同性愛に否定的な父親のような考えが頭をよぎったとしたら、この記事を読み返してみてください。メイクを楽しんでいるからゲイになるということではありません。メイクが好き=男性が好きという方程式が成り立たないのです。そして仮に自分の息子がゲイだとしても、ホモフォビアな考えに凝り固まらず彼の性的指向を受け入れてあげてくださいね。

 

 

 

Top Photo/DailyMail

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.28

前編に引き続き2016年の振り返りとして、今年LGBTであることを公にカミングアウトした著名人をご紹介。SNS上で公表する人もいれば、スピーチでさらっとセクシャリティを明かす人もいたりと、カミングアウトの方法は人それぞれ…

2016.12.27

早いもので2016年も終わりに近付いています。オーランド銃乱射事件をはじめ、LGBTコミュニティにとってもとても色濃い1年だったのではないでしょうか。様々な問題が未だ平行線を辿る中、LGBTの可視化も決して好転したとは言…

2016.12.24

海外のアダルト動画サイト「Pornhub」が、クリスマス関連の検索ワードランキングとその上昇値を発表。多くの人が、シーズンに合わせてアダルトサイトを有効活用していることが判明しました! その気になる人気検索ワードとは? …

2016.12.18

日本では恋人たちのクリスマスも、欧米では家族で過ごすことがほとんどです。こどもたちにとって素敵な祝日、冬となるように親たちは大奮闘するんですよね。レズビアンママたちも例外ではありません! Instagramにも可愛すぎる…

2016.12.17

フィットネスサイト「Fitrated.com」のリサーチャーが2,000人以上のアメリカ人を対象に、パートナーのカラダのどのパーツに最も魅力を感じるかについての調査を行いました。今回は、ゲイ男性・レズビアン女性の回答に絞…

2016.12.12

家族や恋人、友人などクリスマスは大切な人と過ごしたいですよね。そんなクリスマスをテーマにしたテレビCMが、心浮き立つ音楽とともに世界各国で流れています。特にヨーロッパでは、LGBTにそっとフィーチャーしたCMが話題なんで…

2016.12.08

LGBTであることをカミングアウトして職を失った、あるいは職を失うことが怖くてカミングアウトできない。だからといって自分を偽って生きていくのは息苦しい……そんな葛藤を抱える人は少なくないはず。それは今活躍しているゲイ俳優…

2016.12.04

12月に入り、街の雰囲気もより一層クリスマス色に染まってきましたね。25日の本番に向けて、プレゼントを用意したりパーティの準備を進めたりと大忙しの人も多いと思いますが、まだまだ周りの雰囲気に置いていかれている……というゲ…

2016.11.30

「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーにゲイの親友スタンフォードがいるように、キラキラ輝いた女性のそばには、的確なアドバイスを与えてくれるゲイ男性の親友がいるイメージですよね。ステレオタイプ色が強い通説ではあるものの…

2016.11.25

ストレートの男性に比べて、ゲイ男性には負けず嫌いの人が多いと感じませんか? 「競争心」は努力や成長の糧となるため、決して悪いことばかりではありません。ただ、あまりにも頑張りすぎると途中で息切れしてしまいます。きっとそんな…