TOP

NEWS

2016.09.16

同性愛を告白した審判ヘスス・トミジェロ、復帰するも相次ぐ侮辱や脅迫

ゲイであることを告白したことで度重なる野次を受け、引退に追い込まれた21歳のサッカー審判ヘスス・トミジェロ。あれから5ヶ月、復帰の決意を固めサッカー界に戻ってきたものの、これまでに増して侮辱や脅迫の被害にあっているそうです。

 

 

 

ホモ野郎という罵しりに射殺体の写真など

1609161source/EL ESPANOL

 

スペイン初オープンリーゲイのレフリーとして知られるヘスス・トミジェロ(Jesus Tomillero)。レストランのウェイターとして働く傍ら、ずっと夢に見ていたという審判の仕事をこなしていました。しかし、SNS上でゲイであることをカミングアウトしてからというもの、野次や批判といった心ない差別にさらされ、引退を余儀なくされてしまいます。

 

 

審判という夢を諦めきれなかったのでしょう、その後周りのサポートを受けながら今回5ヶ月ぶりに復帰したヘススでしたが、差別の声は止まることを知らず。

 

 

先日アンダルシアで行われた、アトレティコ・サバル対CDラサール戦試合で現場復帰を果たしたのですが、彼が下したペナルティキックの判定に不満を持ったサポーターが「お前はゲイなんだから出てけ!」と罵声を浴びせます。試合は一旦中止され、そのサポーターは場外へ強制退出となりましたが、それ以前から「クソホモ野郎!」などの心ない言葉が飛び交っていたそうです。

 

 

 

また、Twitter上で死の脅迫メッセージを受け取るなど、被害は拡大。「くそったれ。お前はクラブを台無しにした。エイズで殺してやる、ホモ野郎」と目を背けたくなるような脅迫の投稿が相次ぎ、終いには「お前はもう長くない、ホモ野郎」という言葉とともに銃の写真が投稿されたそうです。時にはその写真が、足を切り落とされた人物や射殺体のことも……。

 

 

 

自分がやりたいことをやり続けたい

1609162source/El Confidencial

 

ヘススは、『The Guardian』のインタビューに「感覚が麻痺しちゃって、どうすれば良いか分からなくなったよ。でも、タクシーをつかまえて警察に向かったんだ。彼らはスペイン全土を対象に捜査してくれてるし、家の周りにも24時間警備を配置してくれてる。それでもまだ怖いし、何が起きるか分からない」と答えています。

 

 

 

ヨーロッパで同性婚が認められた初の国スペイン。意識調査では同性愛への支持が高い一方で、首都マドリードでは2日に1件ホモフォビア(同性愛嫌悪)によるヘイトクライムが起きているとの報告もあります。

 

 

さらに差別が強く残るとされるサッカー界では、ファンだけでなく、内部からの理解も不十分であり、多くの問題点を抱えているのも事実です。試合に白熱すると嫌な言葉も飛び交うことでしょう。だからといって罵る理由が「同性愛だから」というのは甚だおかしなことではないでしょうか。

 

 

 

今回は、審判を辞めないと宣言しているヘスス。「僕は自分がやりたいことをやり続けたい、何を犠牲にしようと。でも本当に本当に怖いんだけどね……」

 

 

 

Buenas noches !!!!

Jesús Tomillero Benaventeさん(@jesustomillero)が投稿した写真 –

 

 

誰だって、あのような生命に関わる脅迫を受け取ったら、心に何らかしらの傷を負うはず。それでも恐怖と戦いながら、21歳という若さで自分らしさや信念を曲げずに進むヘスス。彼のInstagramでは、ボーイフレンドと仲睦まじい姿を垣間見ることができます。この笑顔が絶えないよう、心から彼をサポートしていきたいですね。

 

 

 

Top Photo/Correio

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.23

NYに住むあるゲイカップルのもとには、毎年サンタクロース宛の手紙が数え切れないほど舞い込んでくるそう。はじめは間違えだし……と思っていたものの、誰かのためになるならと手紙に応えることを決めます。今では世界規模のプロジェク…

2016.12.22

ニューヨーク在住のとある男性が、ハロウィンにて『SATC』のキャリー・ブラッドショーに仮装。その写真をInstagramに投稿し、プライヴェート設定にしていたアカウントを公開するやいなや、ネット上で話題沸騰! キャリーを…

2016.12.19

「ジェンダーレボリューション」と題した学術雑誌『NATIONAL GEOGRAPHIC(ナショナルジオグラフィック)』の2017年1月特別号。その表紙を飾るのは注目のトランスジェンダー活動家、9歳のエイブリー・ジャクソン…

2016.12.14

心身の変化が顕著な思春期を境に、トランスジェンダーの若者のほとんどが「カラダの性」と「心の性」が一致しないことに悩みはじめると言われています。そんな若者たちにとって、心内を打ち明けられる電話ホットラインはとても大切な場所…

2016.12.09

とあるスピリチュアルグループ(超常現象研究者たち)が、同性愛の根本的な原因を突き止めたと発表し一部で話題となっています。それは遺伝的なものでもなければ幼少期のトラウマでもなく、なんと「幽霊」だというのです……真相はいかに…

2016.12.06

米国最大のLGBT人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(Human Rights Campaign、以下HRC)が、最もLGBTにやさしい企業2017年度版リストを発表。リスト入りした各企業も、Twitterなどを通…

2016.12.05

兼ねてからLGBTの厚い支持者でありアイコンでもある歌手のレディー・ガガが、トランプ次期大統領の執政を目下に、LGBTの権利発展に力を尽くすとBBCのインタビューに答え、LGBTコミュニティから熱い視線が注がれています。…

2016.11.29

ゲイをテーマにしたラブコメ映画『Eating Out』でお馴染みのイケメン俳優クリス・サルヴァトーレ。そんな“イマドキ”の彼と、彼の89歳のご近所さんノーマ・クックさんとの間に結ばれた、固い友情が美しすぎると話題になって…

2016.11.26

先週の木曜日、11月24日はアメリカの祝日、サンクスギビングデー=感謝祭でした。感謝祭に合わせて長期の休暇を取り、家族とゆっくり過ごしたり旅行に出かけたりする人も多い中、マドンナの姿はLGBTの若者たちとともにありました…

2016.11.19

プエルトリコが生んだセクシー歌手リッキー・マーティンが、兼ねてから交際していたシリア出身のアーティスト、ジュワン・ヨセフとの婚約を発表しました! ここにきて、またまたビッグなイケメンゲイ家族の誕生です♡   &…