TOP

NEWS

2016.09.10

ある男の子のバッチリ決めた高校卒業写真が「素晴らしい」と絶賛の嵐!

高校の卒業アルバムを開くと、なんだかパッとしない自分の顔に目を背けたくなる。そう思うのは私だけじゃないはず! ベスレヘム高校に通うジェームス・チャールズはそんな卒業写真を完璧に仕上げようと、なんと再撮まで希望。そして、その出来栄えが素晴らしいとSNSで絶賛されているのです。

 

 

 

思い出の1枚にかける情熱!

 

ドラァグクイーンしかり、アーティストを筆頭に男性がメイクをすることへの違和感が、少しずつではありますが解消されてきている昨今。何百万人とフォロワーを抱える男性YouTuberの中にも、メイク指南やメンズビューティーを題材にしている人が多くいます。そういったSNSの助けを借りながら、メイクが好きな男性それぞれが輝ける場・機会が増えてきているのも事実。美を追求し、その情報を共有、さらにそこからプロとしての道を切り開く人もいるのです。

 

 

 

「せっかくのメイクに対して、ライティングが全然ダメ。朝7時から費やした努力が無駄になっちゃったの」

 

 

 

そう語るのは、メイクアップアーティストでもある高校生ジェームス・チャールズ。高校の卒業写真を完璧なものにしたいと気合いを入れていたにも関わらず、仕上がりを見てスーパーガッカリ。ライティングのせいで、彼のメイクがまったく“弾けて”いなかったのです! このままではいけないと思った彼は、高校に再撮を依頼し、普段使っているという自分のリングライトを持参。

 

 

 

 

「魅力的な写真にしなきゃと思ってすごく早く起きしたの。メイクが大好きだし、自分や友達にとって一生モノの写真でしょ、だからアイコニックなものにしたいって。スタジオに着いて、ポーズを取るじゃない?周りがOKて言うからどんなものかと思って仕上がりを見たら、もうライティングが最悪だし、ハイライトが全然効いてなかったの!!!」

 

 

 

 

完璧すぎる卒業写真が瞬く間に拡散

再撮には、友達のデラニーも付き添ってくれたそう。学校側が一緒に写ることを許可してくれたため、ジェームス&デラニーのツーショットも撮影。再撮の出来栄えは……もちろんパーフェクト! その結果を自身のTwitterにアップすると、彼の予想に反して至るところに拡散されたのです。

 

 

 

 

 

「Instagramに載せたらいい感じになるって思ってたのよ。だってね、元々の撮影日も朝からセルフィーをアップしてて、フォロワーが超楽しみ!って待っててくれたから。でも、Twitterでこんなに写真が出回るなんて想像してなかった」

 

 

 

そのツイートには、ディズニーチャンネル出身の女優ゼンデイヤもメッセージを発信。まさに、彼にとってかけがえのない「卒業写真」となったことは間違いないですね。

 

 

 

 

 

 

 

ジェームスのInstagramには、約38万人近くのフォロワーがおり、普段のメイクとして真似できそうなものから、特殊メイクのようなアーティスティックなものまで、次々にアップされる写真はどれも大好評。気になる方は、是非フォローしてみてくださいね!

 

 

 

 

「極上なものが大好きなの。僕はかなり控えめなタイプなのよ」そう言いながら、こう続けるジェームス。「僕が極上と口にする時は、大体メイクでものすごく飾るって意味なんだけど。誰かが失礼なことをTwitterに書き込んでも、その子をこっちの世界に引きずり込むことすら怖くないわ!」

 

 

 

 

ジェンダーやセクシャリティに関わらず、メイクが大好きという強い情熱で真っ直ぐに突き進むジェームス、とても素敵ですね!

 

 

 

Top Photo/James Charles’s Twitter

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.23

NYに住むあるゲイカップルのもとには、毎年サンタクロース宛の手紙が数え切れないほど舞い込んでくるそう。はじめは間違えだし……と思っていたものの、誰かのためになるならと手紙に応えることを決めます。今では世界規模のプロジェク…

2016.12.22

ニューヨーク在住のとある男性が、ハロウィンにて『SATC』のキャリー・ブラッドショーに仮装。その写真をInstagramに投稿し、プライヴェート設定にしていたアカウントを公開するやいなや、ネット上で話題沸騰! キャリーを…

2016.12.19

「ジェンダーレボリューション」と題した学術雑誌『NATIONAL GEOGRAPHIC(ナショナルジオグラフィック)』の2017年1月特別号。その表紙を飾るのは注目のトランスジェンダー活動家、9歳のエイブリー・ジャクソン…

2016.12.14

心身の変化が顕著な思春期を境に、トランスジェンダーの若者のほとんどが「カラダの性」と「心の性」が一致しないことに悩みはじめると言われています。そんな若者たちにとって、心内を打ち明けられる電話ホットラインはとても大切な場所…

2016.12.09

とあるスピリチュアルグループ(超常現象研究者たち)が、同性愛の根本的な原因を突き止めたと発表し一部で話題となっています。それは遺伝的なものでもなければ幼少期のトラウマでもなく、なんと「幽霊」だというのです……真相はいかに…

2016.12.06

米国最大のLGBT人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(Human Rights Campaign、以下HRC)が、最もLGBTにやさしい企業2017年度版リストを発表。リスト入りした各企業も、Twitterなどを通…

2016.12.05

兼ねてからLGBTの厚い支持者でありアイコンでもある歌手のレディー・ガガが、トランプ次期大統領の執政を目下に、LGBTの権利発展に力を尽くすとBBCのインタビューに答え、LGBTコミュニティから熱い視線が注がれています。…

2016.11.29

ゲイをテーマにしたラブコメ映画『Eating Out』でお馴染みのイケメン俳優クリス・サルヴァトーレ。そんな“イマドキ”の彼と、彼の89歳のご近所さんノーマ・クックさんとの間に結ばれた、固い友情が美しすぎると話題になって…

2016.11.26

先週の木曜日、11月24日はアメリカの祝日、サンクスギビングデー=感謝祭でした。感謝祭に合わせて長期の休暇を取り、家族とゆっくり過ごしたり旅行に出かけたりする人も多い中、マドンナの姿はLGBTの若者たちとともにありました…

2016.11.19

プエルトリコが生んだセクシー歌手リッキー・マーティンが、兼ねてから交際していたシリア出身のアーティスト、ジュワン・ヨセフとの婚約を発表しました! ここにきて、またまたビッグなイケメンゲイ家族の誕生です♡   &…