TOP

LIFESTYLE

2016.09.09

【FtM】注目のイケメン!少女から男性モデルとして成功の道を歩むカシル・マッカーサー

幼い頃からモデルを務め、日本のアニメやコスプレにも興味津々の少女。17歳の今、ファッションの世界で大きな成功を掴み取ろうとしています—男性モデルとして。今回は、注目の新鋭イケメンモデル、カシル・マッカーサーに迫ります。

 

 

 

ダニから、カシル・マッカーサーへ

1609091

 

米国コロラド州エステスパーク出身、現在17歳のカシル・マッカーサー(Cacil McArthur)。
彼がモデルを始めたのは10歳の時。当時の名前はダニ・ローズ、そう、女性モデルとしてデビューしたのです。しかし、ずっと自分の性に違和感を感じていた彼は、女性モデルを辞めようと決意。

 

 

「なんか違うって感じてたんだ。だから、メンズモデルとして仕事ができるようになるまでモデル業は辞めようって」

 

 

 

 

幸いなことに、彼が女性として最初に所属した事務所はとても理解があり、彼がトランジションの計画を話した際も、男性モデルを扱っている事務所に紹介してくれたそう。

 

 

昨年の12月よりテストステロンをとり始めたカシル。彼の才能と周りの理解があったからでしょう、なんとその2週間後、世界的に有名なファッションフォトグラファー、クレイグ・マクディーンの撮影に参加する機会を得ます。それからというもの順調に仕事が舞い込み、カルバン・クラインやサンローラン、ミルクメイクのモデルを務めたり、伊『VOGUE』誌はじめファッション雑誌でも大活躍。

 

 

『W Magazine』9月号では16ページの特集が組まれています。フォトグラファーはかの有名なスティーヴン・マイゼル。

 

1609092source/PHOTO/GENICS

 

1609093source/revorish

 

 

 

「いつもみんなに言ってるんだ。僕の意見だけど、自分が自分らしくいれて初めて最高の人生を送れるってね」

 

 

 

 

苦難を乗り越えて今がある

1609094source/DailyMail

 

すべてが順調に進んだ訳ではありません。ホルモン治療による物理的な変化が彼を悩ませます。急激に声のトーンが変わり、肩幅が広がり、閉経による副作用に襲われ、顔に生えてきた毛のせいで、モデル生命に関わる肌荒れを生まれて初めて経験。

 

 

 

いざモデル業再開!となってからは、男性らしいポージングや振る舞いを勉強する日々が続きます。

 

 

「男性としてモデルをするのは女性モデルの時よりシンプルで簡単だけど、強くてマッチョなイメージが求められると思うと、間違いなく難しい仕事だよね。僕個人にとっても、かなり努力する必要がある」

 

 

 

また、女性優位のモデル業界では嫌な言葉を浴びることもしばしば。肩を出すファッションの撮影では、胸に巻いたバストバンドを気にする周り様子から、不安を感じることもあるそうです。

 

 

「耐えられる時は、相手が僕のアイデンティティを無下にしたり、ミスジェンダーしないよう頑張るよ。やっぱり僕のジェンダーを勘違いする人が多い。『そのうち慣れるかな〜』とか相手が言うんだけど、『いや、僕はこうして歩んできたんだよ』って思っちゃうよね。でも僕はオープンだよ、敬意があるならどんな質問にだって答えるし」

 

 

不安をひとつひとつ解消するように、胸の切除手術も受ける予定とのことです。

 

 

 

「僕は僕として理解してもらいたい。こういった問題に立ち向かっている“普通の人”として見てもらいたいんだ。だって、モデルをしていても、トランスジェンダーの人みんなが扱うのと同じ問題を扱ってるんだからね」

 

 

 

 

LGBTコミュニティの代弁者になりたい

カシルのInstagramには、日本のアニメキャラクターのコスプレに身を包んだ写真がたくさんアップされています。彼がコスプレを好きな理由、それはカミングアウトする前から彼が彼自身になれる場だったからそうです。

 

 

I cannot believe I am cosplaying trash. #TripDmmd #DRAMAticalMurder #tripandvirus #dmmd #cosplay #yaoi #BLgames #aobaserigaki #trip

Casil McArthurさん(@dreads_of_a_mink)が投稿した写真 –

 

 

「メンズライクな服を着るようになったキッカケかな。コスプレで男性キャラクターの格好をしても、そのせいで誰かが怒ったりすることはなかったから。コスプレコミュニティの良いところは、例え相手のことを知らなくてもそのキャラクターとして接してくれること。僕にとっては、それがかなり助けになったよ」

 

 

続けて、声に出せないでいる10代の LGBTコミュニティに手を差し伸べたいと語るカシル。「僕みたいなこどもやLGBTコミュニティに属している子、人とは違うって子が隠れて過ごさなきゃいけないのはフェアじゃないと思うんだ。同じ世界で僕たちが危険を感じなきゃいけないなんて不公平だよ。上の世代の人たちがこどもを護るべきなんだ」

 

 

そして「トランスジェンダーのコミュニティのためだけじゃなく、LGBTコミュニティ全体の代弁者になりたい。人生を通していろんなことを経験してきたし、何回も自分のアイデンティティと戦っては、それを受け入れようとしてきた。いつもそうしたけど上手くいかなかった。でも、僕は変わった」と、強い意志を感じさせるメッセージを残しています。

 

 

現在も地元コロラドで自宅学習をしながら生活をしているそうですが、直近にニューヨークのショー控えているそう。着実に、成功への道を歩んでいます。

 

 

1609095source/tumblr

 

 

「例え誰も自分のことを好きでなかったとしても、1日の終わりに自分が自分自身に幸せを感じられれば、それでいいんだよ。だって、ベッドに一緒に行くのは自分だから」

 

 

 

Top Photo/THE DENVER POST

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.28

前編に引き続き2016年の振り返りとして、今年LGBTであることを公にカミングアウトした著名人をご紹介。SNS上で公表する人もいれば、スピーチでさらっとセクシャリティを明かす人もいたりと、カミングアウトの方法は人それぞれ…

2016.12.27

早いもので2016年も終わりに近付いています。オーランド銃乱射事件をはじめ、LGBTコミュニティにとってもとても色濃い1年だったのではないでしょうか。様々な問題が未だ平行線を辿る中、LGBTの可視化も決して好転したとは言…

2016.12.24

海外のアダルト動画サイト「Pornhub」が、クリスマス関連の検索ワードランキングとその上昇値を発表。多くの人が、シーズンに合わせてアダルトサイトを有効活用していることが判明しました! その気になる人気検索ワードとは? …

2016.12.18

日本では恋人たちのクリスマスも、欧米では家族で過ごすことがほとんどです。こどもたちにとって素敵な祝日、冬となるように親たちは大奮闘するんですよね。レズビアンママたちも例外ではありません! Instagramにも可愛すぎる…

2016.12.17

フィットネスサイト「Fitrated.com」のリサーチャーが2,000人以上のアメリカ人を対象に、パートナーのカラダのどのパーツに最も魅力を感じるかについての調査を行いました。今回は、ゲイ男性・レズビアン女性の回答に絞…

2016.12.12

家族や恋人、友人などクリスマスは大切な人と過ごしたいですよね。そんなクリスマスをテーマにしたテレビCMが、心浮き立つ音楽とともに世界各国で流れています。特にヨーロッパでは、LGBTにそっとフィーチャーしたCMが話題なんで…

2016.12.08

LGBTであることをカミングアウトして職を失った、あるいは職を失うことが怖くてカミングアウトできない。だからといって自分を偽って生きていくのは息苦しい……そんな葛藤を抱える人は少なくないはず。それは今活躍しているゲイ俳優…

2016.12.04

12月に入り、街の雰囲気もより一層クリスマス色に染まってきましたね。25日の本番に向けて、プレゼントを用意したりパーティの準備を進めたりと大忙しの人も多いと思いますが、まだまだ周りの雰囲気に置いていかれている……というゲ…

2016.11.30

「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーにゲイの親友スタンフォードがいるように、キラキラ輝いた女性のそばには、的確なアドバイスを与えてくれるゲイ男性の親友がいるイメージですよね。ステレオタイプ色が強い通説ではあるものの…

2016.11.25

ストレートの男性に比べて、ゲイ男性には負けず嫌いの人が多いと感じませんか? 「競争心」は努力や成長の糧となるため、決して悪いことばかりではありません。ただ、あまりにも頑張りすぎると途中で息切れしてしまいます。きっとそんな…