TOP

EDITOR'S

2016.09.01

【編者の雑談】ゲイ俳優マット・ボマーがトランス女性の役を演じる⇨批判殺到

海外ドラマ『ホワイトカラー』などで知られるイケメンゲイ俳優マット・ボマー。この度、新ドラマにてトランスジェンダーの女性役に抜擢されたのですが、これはトランスジェンダーに対する差別だと物議を醸しています。果たして、彼は断るべきだったのでしょうか?

 

 

 

トランス差別とされる渦中の作品とは?

1609011source/W magazine

 

話題となっているのは、マーク・ラファロ(Mark Ruffalo)がエグセクティヴプロデューサーを務める新ドラマ『Anything(エニシング)』。マーク自身数々の映画作品に出演しており、ここ数年の作品では人気映画『The Avengers/アベンジャーズ』シリーズでハルク役を演じていたので、日本でも知っている方が多いのではないでしょうか。

 

 

新ドラマ『Anything』はティム・マクニール作同名の演劇に基づいています。物語は、ジョン・キャロル・リンチ演じる男性が妻の死に耐えかね、住んでいたミシシッピ州を離れ妹の目が届くロサンゼルスに移り住むことから始まります。その新たな地で、トランスジェンダーのセックスワーカーと出会うのです。似ても似つかないふたりですが、お互いの空虚感を埋めるように、徐々に関係を縮めていきます……。

 

 

このトランスジェンダーのセックスワーカー役として、人気ゲイ俳優マット・ボマーが抜擢されました。

 

 

 

 

トランスコミュニティは怒っている

1609012source/EGYPTIAN STREETS

 

この配役が発表されてからというものSNSでは批判の嵐。オーディエンスは新ドラマをまったく歓迎できないようです。そう、世の中には素敵なトランス女優がたくさんいるのに、なぜシスジェンダーかつオープンゲイのマット・ボマーがトランス女性の役を演じるのか、ハリウッドは学ばない、と。

 

 

シスジェンダーとは、生まれた時に診断された身体的性別と性自認が一致している人を指します。トランスジェンダーを異常者と扱わないためにも、非トランスジェンダーの意でシスジェンダーという言葉が使われています。

 

 

トランスジェンダーの俳優がまったくいないのであれば理解できるものの、実際に活躍している人がいる一方で、ハリウッドの名声と利益ばかりを追求して、名のあるシスジェンダーの俳優を起用しようとすることが許せないということですね。

 

 

 

反対意見を唱える人々の中には、Netflixオリジナルドラマ『Sense8/センス8』でトランスジェンダーのノミ・マークス役を演じ、自身もトランスジェンダーであるジェイミー・クレイトンの姿も。彼女はマークとマット宛にツイートをしています。

 

 

 

 

「あなた達ふたりが、いつか本当にトランスコミュニティのためになる良いことをしてくれるのを祈っているわ」

 

 

 

 

 

この後が茶番だったのですが、ツイートをダイレクトに受けたマットはジェイミーのTwitterアカウントをブロックしたというのです。故意的に拒否したのかアクシデントだったのか真相は定かではありませんが、その後ブロックは外れたそうです。このマットの行動が、よりトランスコミュニティを煽ってしまったのは周知の事実。

 

 

一連の騒動に対しマークは「トランスコミュニティへ。私は(意見を)聞いていますよ。悲痛な思いでしょう。私はこれらの議論ができてることに嬉しく思います。その時間が来たということです」とツイート。また「本当に正直なところ、『The Normal Heart』(海外ドラマ)でマットとともに培った深い経験により、今回の役を提案したんだ」と、なぜマットを選んだのかを説明しています。ユーザーへの返事の中でも「撮影はすでに始まっていて、彼は心と魂を注いでいます。もう少し思いやりを持っていただけませんか。私たちだって学んでいます」と語っており、配役を変える意向はないことが窺えます。

 

 

 

 

製作陣や俳優を批判していいのか

1609013source/ITProPortal

 

こういった批判は今回が初めてではありません。過去にも、シスジェンダーの俳優がトランスジェンダーを演じた作品が多数あり、その度に抗議がなされてきました。『The Danish Girl/リリーのすべて』でリリー役を演じたエディ・レッドメイン、『Dallas Buyers Club/ダラス・バイヤーズクラブ』でレイヨン役を演じたジャレッド・レトなども良い例ですよね。ともにアカデミー賞にノミネートされ、ジャレッドにいたっては多くの賞を手にしています。これがいわゆる“ハリウッドの方法”なのかもしれませんが。

 

 

ただ、ここで思うことがあります。トランスコミュニティの主張は理にかなっていますし、実際に「女性」として性自認のあるトランス女性を、なぜ男性として自認している「男性」が演じなくてはいけないのかという疑問は拭えません。

 

 

でも、俳優は役を演じることが使命であり、どんな役にも挑戦すべきだし、どんな役もこなせるのが名役者だという意見もあります。ゲイ役を断ったストレートの俳優は、ゲイ役は演じたくないのかとそれはそれで叩かれたりします。また、ゲイだからといってストレートの役を演じたらいけないのでしょうか。逆に、演技が上手でない役者はどんな役ももらうことができません。きっと監督や俳優がどんな選択をしても、批判される時はされるんですよね。日本でもよく問題になっていますが、昨今人々は他人の批判が大好きで、過度に反応しすぎる部分があります。事実、マークとマットに向けてツイートしたジェイミーに対し、LGBTコミュニティの中からも「俳優を直接非難するのはおかしい」といった声が挙がっています。

 

 

 

もちろんセクシャリティとジェンダーは違うので、ゲイとトランスジェンダーの役を混同するなと批判がありそうですが……あなたは今回の件、どう感じましたか?

 

 

 

始まる前からここまでメディアにさらされている『Anything』。無事、放送される時は来るのでしょうか、それともこれらが良き宣伝となっているのでしょうか……

 

 

 

Top Photo/Pinterest

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.01

レイプと聞いて、男性の被害者を思い浮かべる方はほとんどいないのではないでしょうか。強姦事件の発生の割合からいくと、男性が加害者であることのほうが多いかもしれませんが、だからといって男性被害者の存在を否定してしまうのは間違…

2016.11.07

GLAADが2016-17シーズンのテレビレポートを公表。過去に比べLGBTQの露出が増えたものの、まだまだ改善すべき問題があることを提示しています。特に顕著なのがLGBTQ内での差別。とにかくレズビアンキャラが死んでし…

2016.10.16

昨今、出会い系アプリを通じて出会った者同士愛を育んでいる人も多いと思いますが、素性が分からない人、こちらが意図せぬ目的で利用している人と出会う可能性もあるのがシステムの盲点ですよね。今回はそんな出会い系アプリの危険性を再…

2016.10.05

意識しているしていないに関わらず、こどもが手にするおもちゃにも“男の子用” “女の子用”と見えないラベルが付けられていると思いませんか? あるトイストアのCMは、シンプルながらもそんなステレオタイプを覆すメッセージが込め…

2016.09.13

先週末にメキシコで起きた「反同性婚デモ」にて撮影された1枚の写真が物議を醸しています。そこには、大勢の抗議者と警察車両を前に、両手を広げて立ちはだかる1人の少年が写し出されています。この緊迫感ある情景から、何を感じますか…

2016.08.30

2015年にカミングアウトしてから、何かとイケメンゲイ枠で様々なメディアに取り上げられているフリースキーヤーのガス・ケンワージー。その見た目のカッコ良さに体中がとろけそうですが、中身も素敵すぎる真のイケメンなんです。 &…

2016.08.21

「好き」と「嫌い」は深層心理が同じだと言われています。その相手を嫌いと思うのは、自分の嫌な部分を相手に投影しているから、あるいは自分が持てない相手の価値観を妬ましく思っているから。それと同様に、際立って同性愛嫌悪を示して…

2016.08.07

東京五輪を4年後に見据えた、リオオリンピック2016が開幕!スタジアム工事の遅れや、治安問題が不安視されていたものの、始まってみれば大きな盛り上がりをみせています。開幕早々、複数の種目において日本選手がメダルを獲得してい…

2016.08.06

ヘイトクライムが未だ残るものの、欧米諸国や日本では、少しずつセクシャルマイノリティに対する理解が広まってきたように思えます。しかし、一部の国では同性愛=死に直結するのです。「編者の雑談」第12弾では、国による同性愛の捉え…

2016.07.26

早くも第11弾となる「編者の雑談」ですが、今回はバイセクシャルを過渡期としてレズビアンと自認するには、どういった根拠が必要なのか考えてみたいと思います。レズビアンをテーマにはしていますが、バイ→ゲイでも同じことが言えるか…