TOP

LIFESTYLE

2016.07.14

イケメンマッチョが多い!男性下着モデルの秘密にまつわるエトセトラ

いかにメンズ下着を魅力的に見せるか。そこに付随する回答は、魅力的なモデルを起用すること。事実、美貌と色気あふれるモデルが、下着を身に付けキメている写真をよく目にします。いわゆるメンズ下着モデルと呼ばれている彼ら、普通のモデルとどう違うのでしょうか? 多くが抱いているであろう謎に迫ってみました。

 

 

1607141source/ELITE DAILY

 

日本では、あまり下着に特化したメンズモデルを耳にしないかと思うのですが、海外では「メンズ下着モデル」という職業が確立しているようです。メンズ下着ブランドが多いのも、その理由のひとつでしょう。
そして、メンズ下着モデルは決まって「イケメン」「マッチョ」「下着を身に付けてる周辺がセクシー」。ランウェイを歩くファッションモデルとはまた一味違いますよね。そんな彼らの実態とは……?

 

 

 

 

 

01. 下着モデルはジムの住人

1607142source/Slism

 

多くの下着モデルたちが口にするのは「毎日ジムに通ってる」ということ。美しい肉体を見れば納得です。逆に、鍛えずしてあの魅力的なボディを手に入れられるのなら、ぜひ教えてもらいたいところ。ただ、その努力が半端ないのです。

 

「僕は、良い時で3時間かな。半分は有酸素運動をしたり腹筋にあてていて、残りの時間でレジスタンストレーニングをしてるね」。そう答えるのは、Calvin Kleinの下着モデルを務めていた25歳のモデル。「そして、何があってもワークアウトをサボっちゃいけないんだ。誰もガリガリのモデルが身に付けた下着を買いたいと思わないだろ? 消費者は完璧を求めていて、僕たちが所属するモデル事務所もそう思ってる。お気付きの通り、僕たちはボディービルダーじゃないんだ。でも、こう見た目に厳しいんだよ」

 

おっしゃる通り。プロ根性。

 

 

 

 

 

02. すべてのカロリーを細かく計算している

1607143source/Wellness to Wealth

 

見た目を維持するために、食事にも気を付ける。これはどんなモデルにも共通していることかもしれませんが、彼らはさらにこだわりがある様子。

 

マンハッタン出身の2(X)istのモデルによると「自宅では、軽量器を使ってすべての食品を量ってる。自分の口に入れたものに、大体どのくらいの脂肪が含まれてるかは把握してるんだ。そして、平日は2000カロリーに収めるようにして、週末は2,500カロリーまで摂っていいことにしてる」

 

 

また、人によっては年齢を考慮して、ダイエットに励んでいるそうです。

 

「今の体脂肪率は8%かな。身長が178cmだから簡単に体重が増えるんだよね。しかも三十路だから、仕事を見つけるのが段々難しくなってくるし(笑)」

 

モデルの世界は、年齢を重ねるにつれ仕事が限られてきます。特に、体を見せる仕事となると、避けきれない老化に逆らうには人一倍の努力が必要になってくるということですね。

 

 

 

 

 

03. キャリアアップのためにやってる

1607144source/WORLD OF BLACK HERO

 

日本でも、グラビアを経験しているアイドルや女優がいるのと同様に、俳優になるための登竜門として下着モデルを経験している人も少なくないようです。例えば、人気海外ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のデレク役で有名なシェマー・ムーアや、映画『ハンガー・ゲーム2』に出演しているアラン・リッチソンなども下着モデルを経験しています。

 

「僕はCMに出たり、ブロードウェイで演技をしたりしてたよ。でも僕の希望は、もっと有名になって最終的にその地位を永久的なものにしたいんだ。だけど競争の激しい業界でしょ、本当にクレイジーなくらいさ」と語る下着モデルも。

 

 

 

 

 

04. 実はゲイよりストレートが多いらしい

1607145source/Garçon Model Blog

 

ゲイのみなさまにとっては悲報となってしまいますが、下着モデルは意外にもストレートが多いそうです。男性同士でのショットや、男性をも誘うかのようなポージングが目立ちますが、必ずしもモデルがゲイという訳ではないそう。

 

「メンズ下着モデルって聞くと、みんな自然とゲイを想像すると思うんだけど、意外にそうでもないんだ。僕はゲイで5年この仕事をしてるんだけど、出会ったモデルの半分以上はストレートだったね。でもゲイフレンドリーな人が多い印象、というかそうせざるを得ないんだろうね。一部の人々は、ゲイのための仕事だって思い込んでるんだよ。僕はそう思わないけど。つまり、ホモフォビックな人はこの仕事を長くは務められないってのも事実」

 

たしかに、俳優になるための登竜門として下着モデルをやる人もいると思うと、ストレートがそこそこいてもおかしくない話。ただ、業種的にゲイのほうが有利そうな感じが窺えます。

 

 

 

 

 

05.みんなが想像してるほど大きくないよ!

1607146source/American Idle

 

下着モデルの写真を見るとなると、もちろん下着に目が行くと思うのですが、あのモッコリ具合いが気になりませんか? 残念ながら、素のままで下着を身に付けている訳ではないようです!

 

「多分、多くの人が想像するほど、モデルみんなが大きいものを持ってる訳じゃないと思うよ(笑)。ボクサーパンツじゃない限り、僕はリングを付けるように事務所に言われてるんだ。これは普通にしなきゃいけないルールというか。実際、あんなに大きいと思ってないでしょ?」と、XUBAの撮影に来ていたモデルが笑いながらコメントしていました。

 

ほとんどの撮影で、ベルクロストラップやシリコンの筒を装着するようです。

 

 

ほかにも、体を見せる仕事の割には、そこまで給料が良くないため副業をしているといった声や、肌を綺麗に見せるため、ボディクリームに1万円以上注ぎ込むなんてモデルもいました。

 

 

 

美しい体こそ彼らにとっての商材、と考えるといろいろ納得いきますよね。少なくとも、メンズ下着モデルにイケメンマッチョが多いことに変わりはないです!

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.28

前編に引き続き2016年の振り返りとして、今年LGBTであることを公にカミングアウトした著名人をご紹介。SNS上で公表する人もいれば、スピーチでさらっとセクシャリティを明かす人もいたりと、カミングアウトの方法は人それぞれ…

2016.12.27

早いもので2016年も終わりに近付いています。オーランド銃乱射事件をはじめ、LGBTコミュニティにとってもとても色濃い1年だったのではないでしょうか。様々な問題が未だ平行線を辿る中、LGBTの可視化も決して好転したとは言…

2016.12.24

海外のアダルト動画サイト「Pornhub」が、クリスマス関連の検索ワードランキングとその上昇値を発表。多くの人が、シーズンに合わせてアダルトサイトを有効活用していることが判明しました! その気になる人気検索ワードとは? …

2016.12.18

日本では恋人たちのクリスマスも、欧米では家族で過ごすことがほとんどです。こどもたちにとって素敵な祝日、冬となるように親たちは大奮闘するんですよね。レズビアンママたちも例外ではありません! Instagramにも可愛すぎる…

2016.12.17

フィットネスサイト「Fitrated.com」のリサーチャーが2,000人以上のアメリカ人を対象に、パートナーのカラダのどのパーツに最も魅力を感じるかについての調査を行いました。今回は、ゲイ男性・レズビアン女性の回答に絞…

2016.12.12

家族や恋人、友人などクリスマスは大切な人と過ごしたいですよね。そんなクリスマスをテーマにしたテレビCMが、心浮き立つ音楽とともに世界各国で流れています。特にヨーロッパでは、LGBTにそっとフィーチャーしたCMが話題なんで…

2016.12.08

LGBTであることをカミングアウトして職を失った、あるいは職を失うことが怖くてカミングアウトできない。だからといって自分を偽って生きていくのは息苦しい……そんな葛藤を抱える人は少なくないはず。それは今活躍しているゲイ俳優…

2016.12.04

12月に入り、街の雰囲気もより一層クリスマス色に染まってきましたね。25日の本番に向けて、プレゼントを用意したりパーティの準備を進めたりと大忙しの人も多いと思いますが、まだまだ周りの雰囲気に置いていかれている……というゲ…

2016.11.30

「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーにゲイの親友スタンフォードがいるように、キラキラ輝いた女性のそばには、的確なアドバイスを与えてくれるゲイ男性の親友がいるイメージですよね。ステレオタイプ色が強い通説ではあるものの…

2016.11.25

ストレートの男性に比べて、ゲイ男性には負けず嫌いの人が多いと感じませんか? 「競争心」は努力や成長の糧となるため、決して悪いことばかりではありません。ただ、あまりにも頑張りすぎると途中で息切れしてしまいます。きっとそんな…