TOP

LOVE ISSUE

2016.07.12

こんなキスはやだ……!?下手なキスから読みとく性格診断

チュッと軽いものから情熱的なものまで、キスと一口に言ってもその方法は人それぞれ、様々なパターンが存在します。キスにはその人の性格が反映されると言われていますが、中には違う意味で記憶に残るキスをする人がいますよね。あなたは相手に求められるキスができていますか?

 

 

160712source/NEWNOWTEXT

 

 

話すよりもたった一回のキス

キスをするとなんとなくその相手のことが分かる。

 
そう感じたことはありませんか? キスの相性が合わないと、一気にそれまでの熱も冷めてしまったり。

 
 

話すよりたった一回のキスで相手が分かってしまうなんて恐ろしい気もしますが、キスという行為そのものが本能によるものなので、会話よりも本性が出やすいと言われています。さらに唇、そして唾液の情報を通して、脳が相手と自分のDNAの相性を瞬時に判断するそうです。

 

ということは、ジェントルなキスをして、DNAの相性もバッチリであればパートナーとの行く末も明るい! 一方で、キスに失敗すれば、悲しいかな、その先もないということです。そこでDNA云々はさておき、こんなキスはやだ!と題して、だから失敗するのでは……というキスの仕方を性格診断とともにピックアップ。特に、それぞれの性格の型に該当するという人は、自分のキスを見つめ直してみましょう。また、こんな人いた!と過去のパートナーに当てはめて考えてみても良いかもしれませんね。

 

 

では早速見ていきましょう。

 

 

 

01. The open-mouther /大口を開ける人

これでもかと口を大きく開けてキスする人、いますよね。そんなに開けなくても大丈夫だから、というよりそれってこっちも大きく開けなきゃ唇ごとすっぽり入っちゃうじゃん……というパターン。

 

 

【このキスをするのはこんな人】
食べてしまうかのようなキスをするのは、欲求不満の表れです。満たされていない上に、自分の欲に弱いため、浮気をしたりギャンブルに手を出すなんてことも。自分勝手な行動も目立ちます。しかし、頼りになる一面も持ち合わせているため、様々な面でリードしてくれます。

 

 

 

 

02. The tongue-poker/やたら舌に固執する人

ディープキスをしながらゆっくり舌を絡めたり、緩急をつけるのが理想的ですが、唇が触れる前から舌を出して絡めようとしたり、相手の舌を勢いよく吸ったり。とにかく舌が器用すぎてついていけません!(遠い目)

 

 

【このキスをするのはこんな人】
舌をやたら使う人は、自分を強く見せたいタイプが多いです。相手を独占したいという気持ちも強いため、嫉妬心を招くことも。また、独占すると同時に自分のことも一番に想ってほしいという願望があります。プライドも高いので、褒めてあげると良い一面が見えてくるでしょう。

 

 

 

 

03. The explorer/犬のように舐めまわす人

あなたの飼い犬のように、あなたの唇からその周辺をあちこち舐めまわす。気付いたらあなたの口周りはべっちょべちょ。恐らく、ファーストキスでこんなことをしてくる人はいないと思いますが……長年一緒にいるパートナーにやられても、興醒めしそう。

 

 

【このキスをするのはこんな人】
愛情表現豊かである一方で、相手を自分の支配下に置きたいという気持ちが現れています。また、ナルシストの傾向があり、口周りを唾液だらけにすることで、相手が興奮するだろうと勘違いしている可能性も。自分の考えがすべてではないということを教えてあげるのが一番です。

 

 

 

 

04. The biter/激しく噛んでくる人

キスの途中でやさしく噛むくらいなら全然問題ないし、ちょっとピリッときたらむしろセクシー。だけど、中には加減を知らない人がいるもの。相手の唇を噛む前に、どのくらい力を入れるのが良いのか、どのくらい引っ張るのがセクシーかきちんと練習してください。

 

 

【このキスをするのはこんな人】
相手を噛むのはかまってちゃんのサイン。相手の嫌がることをあえてすることで愛情を確認しないと気が済まない、という幼児性があります。また、独占欲の表れでもあります。一方で、噛んでも大丈夫だろうという関係性への自信もあるため、信頼を築きやすいタイプでしょう。

 

 

 

 

05. The closed-mouther/唇を閉ざし続ける人

こっちは濃厚なキスをする準備ができてるっていうのに、頑なに唇を開けない。一連の流れで、途中だけ唇を開けないなら理解できるけど、最初から最後まで唇の押し付け合いは、全然ロマンチックじゃありません。

 

 

【このキスをするのはこんな人】
深いキスを好まない人は潔癖症の可能性があります。また、深入りしたくないという深層心理があるとともに、ちょっと味見を……という軽い気持ちを持ち合わせていて様々なことに好奇心旺盛のため、浮気をいとも簡単に成し遂げてしまうことも。

 

 

 

 

06. The eye-opner/目が開きっぱの人

キスの最中って、たまにチラッと相手を見たくなるじゃないですか。そしたら、相手の目がガッツリ開いていてなんとも口に表せない感情にこのまま続けるかどうか悶々とする(キスしてるから声が発せない、というのもあるんですけどね)。

 

 

【このキスをするのはこんな人】
目が開いた状態なのは、視覚で情報を得ていたいからです。つまり、心配性なのと同時に、どこか自分が開けていても相手は気づかないだろいうという、自分の意見を押し通す強さが見られます。そのため、自分を守ろう、大事にしようとする負けず嫌いが多いです。また、ムッツリスケベさんの可能性も!

 

 

 

 

07. The speedy/スピート狂の人

唇を閉じたまま鳥が啄ばむようなキスをする人もいれば、ラクダが口を動かすようにディープキス繰り返すような人もいる。もっと落ち着いてできないの…?と思わせるキスは、即アウト。

 

 

【このキスをするのはこんな人】
スピード狂のようにキスを何度も繰り返す人は、寂しがりやで甘えん坊の傾向があります。依存気質型でもあるので、相手にとっては少々重く感じることがあるかもしれませんが、ドライな態度を取ると傷付きやすいタイプ。一方で、愛情はたっぷり注いでくれる慈悲深い人でもあります。

 

 

 

これらのようなキスをしている覚えはないですか? せっかくの瞬間を台無しにしないよう、今一度、自分のキスの仕方を振り返ってみてください!

 

 

 

Top Photo/tumblr

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.20

行為中はこれでもかというくらい盛り上がっていたのに、いざことを終えるとなんとも気まずい雰囲気が流れ、しらけてしまう時ってありませんか? その気まずさをこれでもかと助長するのが、枕もとで交わされるまったくもって甘くない言葉…

2016.12.11

クリスマスを目前に、カップルとシングルの間で殺気だった空気が流れているとかいないとか? 何も独り身だからって負け組レッテルを貼らないで、恋はお休み中!というシングルさんもいるでしょう。それでも相手の気に障る言葉をかけてく…

2016.11.28

「私ってレズビアンなのかな?」となんとなく感じる瞬間があるものの、判断材料に乏しく悶々とした日々を送っている。そんな自分のセクシャリティに悩む女性へ、レズビアンかどうかの見定めに役立つ指標を挙げてみました!  …

2016.11.27

いつも自分中心の恋愛をしていませんか? パートナーとうまくいかない……という人は自分自身の行動に原因があるのかもしれません。今回はパートナーと連れ添って25年というゲイ男性、Jさんの体験をもとに、相手を幸せにする7のこと…

2016.11.18

近頃、機能性はもちろんのことデザインにもこだわったセックストイが増えてきました。「これ、セックストイなの!?」と目を疑うほどスタイリッシュなものも販売されています。このように、女性が使いやすいように……と改良が進む一方で…

2016.11.10

SEXで快感に溺れていると体に力が入らなくなり意識が飛びそうになる、まさに自己のコントロールができないトランス状態に陥りますよね。この“ノーコントロールなトランス状態”、実はある作用によりもたらされているそうなのです! …

2016.10.30

恋は盲目と言いますが、恋に溺れると相手の欠点まで何かと理由をつけて見ないフリをしてしまうもの。でも、本当に幸せな恋愛ができていますか? もしかしたらその相手、あなたのことをまったく大切にしていないかも。これから挙げる項目…

2016.10.27

思い描いているような恋愛ができない。パートナーがいるのに、いつも何かが欠けているような気がしてしまう。もしかしたらそれはあなたが恋愛下手だから、なのではなく根本的な考え方が違うからなのかもしれません。そう、ポリアモリー(…

2016.10.23

恋に落ちたことはありますか? NYストーニーブルック大学の心理学者アーサー・アーロン博士が生み出し、マンディ・レン・ケートロン氏が発表した恋愛コラムによると、ある36の質問をした後に4分間見つめ合うだけで必ず恋に落ちると…

2016.10.15

その特性から、海外では「Daddy=パパ」と呼ばれる年上のゲイ男性。そんな年上にはまったく興味がないという人から、気にはなるけどなかなか行動に移せないという人まで、年上の男性と付き合ってみるべき理由をピックアップしてみま…