TOP

LIFESTYLE

2016.07.11

気分はブルー。憂鬱さを理由に、いかに人生の時間を無駄にしないようにするか

嫌なことが続くと気分はスーパーブルー、憂鬱になってしまうことって誰にでもあると思うんです。特に、その憂鬱さが深いと何もできなくなってしまったり。でも、あなたが何もしていない間にも、時間は刻一刻と過ぎていきます。人生の時間を無駄にしないよう、憂鬱さを乗り越えるヒントを探してみましょう。

 

 

 

憂鬱から抜け出してSURVIVEする。

160711-21source/short day

 

タスクをこなさなきゃいけないのに、気付いたらパソコンの画面をなんとなく見つめてる。仕事を終えて家に帰ってきてもベッドに直行、ゴロゴロしながらSNSに流れてくる情報を眺めてる—そう、憂鬱な時は何をするにもやる気が起きなくて、頭の中はボーッとしがち。こうやって時間を無駄にするのってすごく簡単なことで、ダメだと思っていても体がついていかないものです。

 

そして、これを経験しているのはあなただけじゃないです。

 

 

憂鬱になる理由も人それぞれ。自分のジェンダーやセクシャリティに悩んだり、仕事が上手くいかなくて会社に行きたくなかったり、大好きだった恋人にふられたり……奥深くまで落ち込んでしまったら、やるべきことはひとつ。

 

 

 

SURVIVEする(生き残る)こと。

 

 

憂鬱から抜け出し、サバイブするのに足かせとなるのが、負のループです。
一度嫌な経験をすると、そこに引き戻されるのが怖い。その嫌な思いがフラッシュバックする。そうなると、未来に向けてリスクを犯すのが怖い。何もできなくなる。また憂鬱になる。そんな自分から抜け出したいのに。

 

 

でも、考えてみてください。人生にとって最高だなって思う瞬間は、日々の行動から生まれるんです。いくら塞ぎ込んで頭で考えたところで、行動に起こさなければ何も変わらないどころか、最高な経験もできずに時間は過ぎ去ってしまうのです。

 

 
最悪の状態まで落ち込んだのなら、本来は這い上がるのみ、どんなこともお茶の子さいさいのはず。じゃあ、どうしてそうしないのか、しないまま立ち止まっているのか。

 

 

 

だって、そう簡単に心の準備は整えられないから、ですよね?

 

 

 

ただ、一番怖いのはこのままずっと憂鬱なままでいること。
だったらどうすればサバイブできるかを考える必要があると思うのです。まずは、以下のことを心に留めてみてください。

 

 

 

01.あり得ないと判断しているのはあなた自身

160711-22source/Lifehack

 

あなたがもし、何かを成し遂げたいと思い描いているのなら、その事実を冷静に受け止める必要があります。そうすれば、自ずと手に入るものだから。

 

できない、あり得ない、やれないと判断しているのは、疑いもなくあなた自身。お腹が空いたら、食べ物でお腹を満たすのと一緒で、意志さえあればできること。それこそサバイブするための必須条件。

 

社会や周りのせいにしたところで、あなたが本当に必要としているものはあなたにしか分かりません。周りは、それを叶えるためのツールでしかないのです。

 

 

 

02.リストアップして優先順位を

160711-23source/OPRAH

 

目の前には課題が山積だ、そう思い込んで最初の一歩が踏み出せないでいるのでは? 漠然と、「アレもやらなきゃコレもやらなきゃ」と考えているとパニックになってしまいます。

 

まずは、項目に分けてやることを書き出してみましょう。頭の中では困難に感じていたことが整理され、これだったら今できそう、これは後からやろうと自然に優先順位をつけることができます。

 

 

例えば、家事などの身近なことでも当てはまります。
食器洗い、洗濯、トイレ掃除、お風呂場の掃除、片付け……頭で考えると、やることが膨大な量に感じ、何から始めれば良いのが分からず、手すらつけられない、むしろやること自体が憂鬱になってしまいます。

 

そこで、簡単なメモ書きでいいので、やることをリスト化し、それぞれにかける時間を大まかで良いので見積もってみると、効率アップにもつながります。

 

これって、ある意味自分自身に親切になってあげる、ということではないでしょうか。
もしリストに挙げたことをいくつかしかやり遂げられなかったとしても、そのせいで世界が滅びるわけではありません。自分を責めるのではなく、一歩進んだことを素直に受け止めましょう。

 

 

 

03.決して恥ずかしいことではない

160711-24source/BRAVE girl

 

時に、頑張りすぎて空振りしているのを想像してしまい、そうなったら恥ずかしい……と立ち止まってしまうことはないでしょうか。

 

実際、本気ではいあがろうとする姿を、コケにするほうが何倍も恥ずかしいです。

 

 

周りからどう見られているかを考えすぎても良いことはありません。周囲の意見だって多種多様、たったひとつのマイナスの意見にがんじがらめになってしまっては、あなたの人生が可哀想です。

 

そして、自分に厳しくしすぎないようにしましょう。完璧主義を追い求めていると、どんなに頑張ってもダメな自分しか見えずに、憂鬱から抜け出すことができなくなってしまいます。

 

 

 

04.何よりも失敗を恐れない

160711-25source/Apps For Pc Planet

 

失敗を恐れない、これはとても難しいことです。

 

はじめは皆上手くいかないものです。
ミスを犯したかもしれない、憂鬱な状態からさらに後退しているんじゃないか、と。

 

でも、成功に失敗はつきものという言葉がありますよね
失敗せずに成功することはできないし、失敗しない人は成功もしない。

 

そもそも、失敗という言葉が間違っているのかもしれません。ちょっとした遠回り、それもひとつ意味のある経験なんだと思うようにしましょう。
だからこそ、憂鬱になることも経験のひとつ。下の苦しみを知っているなら、上の喜びも人一倍感じられるはず。

 

人生は、理解から始まるのではなく、痛みや戸惑い、叫ぶことから始まります。
人生は学習するもの。学んでは立ち止まって、また学ぶ、その連続です。

 

 

 

自分自身を信じられない時もあるかもしれません。でも、他人の意見を鵜呑みにするのではなく、自分の人生は自分でコントロールしましょう。

少なくとも、自ら自分の時間を無駄にしないように。

 

 

 

Top Photo/short day

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.28

前編に引き続き2016年の振り返りとして、今年LGBTであることを公にカミングアウトした著名人をご紹介。SNS上で公表する人もいれば、スピーチでさらっとセクシャリティを明かす人もいたりと、カミングアウトの方法は人それぞれ…

2016.12.27

早いもので2016年も終わりに近付いています。オーランド銃乱射事件をはじめ、LGBTコミュニティにとってもとても色濃い1年だったのではないでしょうか。様々な問題が未だ平行線を辿る中、LGBTの可視化も決して好転したとは言…

2016.12.24

海外のアダルト動画サイト「Pornhub」が、クリスマス関連の検索ワードランキングとその上昇値を発表。多くの人が、シーズンに合わせてアダルトサイトを有効活用していることが判明しました! その気になる人気検索ワードとは? …

2016.12.18

日本では恋人たちのクリスマスも、欧米では家族で過ごすことがほとんどです。こどもたちにとって素敵な祝日、冬となるように親たちは大奮闘するんですよね。レズビアンママたちも例外ではありません! Instagramにも可愛すぎる…

2016.12.17

フィットネスサイト「Fitrated.com」のリサーチャーが2,000人以上のアメリカ人を対象に、パートナーのカラダのどのパーツに最も魅力を感じるかについての調査を行いました。今回は、ゲイ男性・レズビアン女性の回答に絞…

2016.12.12

家族や恋人、友人などクリスマスは大切な人と過ごしたいですよね。そんなクリスマスをテーマにしたテレビCMが、心浮き立つ音楽とともに世界各国で流れています。特にヨーロッパでは、LGBTにそっとフィーチャーしたCMが話題なんで…

2016.12.08

LGBTであることをカミングアウトして職を失った、あるいは職を失うことが怖くてカミングアウトできない。だからといって自分を偽って生きていくのは息苦しい……そんな葛藤を抱える人は少なくないはず。それは今活躍しているゲイ俳優…

2016.12.04

12月に入り、街の雰囲気もより一層クリスマス色に染まってきましたね。25日の本番に向けて、プレゼントを用意したりパーティの準備を進めたりと大忙しの人も多いと思いますが、まだまだ周りの雰囲気に置いていかれている……というゲ…

2016.11.30

「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーにゲイの親友スタンフォードがいるように、キラキラ輝いた女性のそばには、的確なアドバイスを与えてくれるゲイ男性の親友がいるイメージですよね。ステレオタイプ色が強い通説ではあるものの…

2016.11.25

ストレートの男性に比べて、ゲイ男性には負けず嫌いの人が多いと感じませんか? 「競争心」は努力や成長の糧となるため、決して悪いことばかりではありません。ただ、あまりにも頑張りすぎると途中で息切れしてしまいます。きっとそんな…