TOP

LOVE ISSUE

2016.07.02

SEXに集中できない時に考えてしまう、あるいは考えるべきアレコレ

どんなにSEXが好きでも、行為に集中できない時ってありませんか? 気付いたら、意識は違うところに飛んでいたり。そんな、なんとなくSEXを始めてはみたものの“受け身状態でノレずにみんなが考えてること”、もしくは“考えたら良さそうなこと“を集めてみました!

 

 

 

最初は良いムードだったのに、いざ始めてみたらムードも何も無くなってしまった。あるいは、自分は最初から乗り気じゃなかったけど、パートナーがとても辛い1日を送ったみたいだから慰めに、はたまた相手がとりあえず長距離選手だから、段々飽きてちゃった……う〜ん、無いことは無いですよね?

 

 

誰だって、そのムードにノレない時はあるんです。でも途中でやめることほど、相手にとって惨めなことはないという時、みなさんはどんなことを考えていますか? むしろ何も考えられないこともあるかもしれません。相手にとっては酷なことですが、始めは「早く終わらないかな〜」なんて思っている人もいるはず。でも、段々意識は違うところへ飛んで行って(飛んで行かせましょう)……

 

 

 

開始から10分:食べ物のことを考え始める

1607021source/foodnetwork

 

大概の人がぼーっとしている時にふと考えるのが食べ物のことのはず!(え、違う?)「今日のアレ美味しかったな〜」「コレ終わったら何食べようかな〜」
「最近太ったのってあの食べ物のせいかな〜」などなど。特に、この後何食べようかななんて考えは、頭の中で冷蔵庫の探索もできちゃいますよね!

 

 

 

開始から15分:UKのEU離脱について

1607022source/Woo Trader

 

あなたがSEX中に頭をめぐらすべき時事ネタは、UKのEU離脱問題。意識の高い人は、知らず知らずのうちに考えてるはず。もっと国内のことに絞りたいなという場合は、日本の参議院選挙のことでも良いかもしれませんね。
暇だな〜とただただ時間を潰すよりは、その時間を有効活用して、政治のことや人権問題など頭を働かせることに集中してみましょう。むしろ、集中力が高まり冴えてくるかも。

 

 

 

開始から20分:ショートトリップに出る

200067207-001source/THE HUFFINGTON POST

 

そろそろ現実的なところから離れたくなる時間に突入しました。妄想するなら、まずは旅行。受け身ということは寝転がっていることが多いはずなので、海に浮いている自分、サンセットを眺めながらリラックスしている自分、あるいは大自然や遺跡などの情景を思い浮かべてみたり。なんなら、この夏の旅行先をプランニングするだけでも楽しそう……

 

ちなみに意識は飛んでいても、妄想により自然と身体がリラックスできていたら、パートナーにとっても好都合ですし、もしかしたらここでSEXに集中し直せるかも!?

 

 

 

開始から30分:幼少期を思い浮かべる

1607024source/HER CAMPUS

 

今置かれている状況から転じて…

 

今、私は何をしているのだろうか。
私のやっていることは正しいだろうか。
私ってこんな人だったっけ?
小さい頃はどうだったっけ?

 

そうやって考え始めるのが、自分の幼少期。楽しかった思い出から悲しかった思い出、何が好きだったか、一番頑張ったことは何だったか、親が自分にしてくれたこと…そんな懐かしの思いに馳せることはありませんか。時に、相手の幼少期はどうだったんだろうか、きっとこういう風になるとは思ってもいなかっただろうな〜などなど。
SEXに集中できない自分に純粋さを求めているのかもしれません。無垢な幼少期、プライスレス。

 

 

 

開始から45分:さらなるアイデンティティの模索

1607025source/Pixabey

 

幼少期の思い出から、最終的に辿り着くのが彼との関係性、そしてアイデンティティの模索。

 

相手のことが好きだろうか。
SEXをする意味があるのだろうか。
そもそも好きなことはなんだろうか。
これまでの人生自分にとってどうだっただろうか。
私らしい人生って何!?
…宇宙の端っこってどこ!?

 

などなど、幼少期という時間軸から現在、未来、そして些細な疑問から徐々に答えの分からない哲学のレベルまで派生していって、頭の中がユニバース状態。

 

 

ここまできたら、サスガです!
そもそも45分考え事をするって、かなり頭使っていますよね。

 

 

 

相手のことを尊重するがゆえに「早く終わらせて」と言えない状況で、無理にSEXにフォーカスするか、はたまた考えを巡らせるかは、あなた次第。

 

皆さんはどんなことを考えることが多いですか?

 

 

 

Top Photo/THE HUFFINGTON POST

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.20

行為中はこれでもかというくらい盛り上がっていたのに、いざことを終えるとなんとも気まずい雰囲気が流れ、しらけてしまう時ってありませんか? その気まずさをこれでもかと助長するのが、枕もとで交わされるまったくもって甘くない言葉…

2016.12.11

クリスマスを目前に、カップルとシングルの間で殺気だった空気が流れているとかいないとか? 何も独り身だからって負け組レッテルを貼らないで、恋はお休み中!というシングルさんもいるでしょう。それでも相手の気に障る言葉をかけてく…

2016.11.28

「私ってレズビアンなのかな?」となんとなく感じる瞬間があるものの、判断材料に乏しく悶々とした日々を送っている。そんな自分のセクシャリティに悩む女性へ、レズビアンかどうかの見定めに役立つ指標を挙げてみました!  …

2016.11.27

いつも自分中心の恋愛をしていませんか? パートナーとうまくいかない……という人は自分自身の行動に原因があるのかもしれません。今回はパートナーと連れ添って25年というゲイ男性、Jさんの体験をもとに、相手を幸せにする7のこと…

2016.11.18

近頃、機能性はもちろんのことデザインにもこだわったセックストイが増えてきました。「これ、セックストイなの!?」と目を疑うほどスタイリッシュなものも販売されています。このように、女性が使いやすいように……と改良が進む一方で…

2016.11.10

SEXで快感に溺れていると体に力が入らなくなり意識が飛びそうになる、まさに自己のコントロールができないトランス状態に陥りますよね。この“ノーコントロールなトランス状態”、実はある作用によりもたらされているそうなのです! …

2016.10.30

恋は盲目と言いますが、恋に溺れると相手の欠点まで何かと理由をつけて見ないフリをしてしまうもの。でも、本当に幸せな恋愛ができていますか? もしかしたらその相手、あなたのことをまったく大切にしていないかも。これから挙げる項目…

2016.10.27

思い描いているような恋愛ができない。パートナーがいるのに、いつも何かが欠けているような気がしてしまう。もしかしたらそれはあなたが恋愛下手だから、なのではなく根本的な考え方が違うからなのかもしれません。そう、ポリアモリー(…

2016.10.23

恋に落ちたことはありますか? NYストーニーブルック大学の心理学者アーサー・アーロン博士が生み出し、マンディ・レン・ケートロン氏が発表した恋愛コラムによると、ある36の質問をした後に4分間見つめ合うだけで必ず恋に落ちると…

2016.10.15

その特性から、海外では「Daddy=パパ」と呼ばれる年上のゲイ男性。そんな年上にはまったく興味がないという人から、気にはなるけどなかなか行動に移せないという人まで、年上の男性と付き合ってみるべき理由をピックアップしてみま…