TOP

LIFESTYLE

2016.06.19

賢者やセレブも実践!初心者に贈る「瞑想」のヒント

精神統一やストレス解消、さらにはエネルギーチャージになる、と賢者やセレブがこぞって実践している「瞑想」。でも、目に見えない精神の世界は未知の領域。様々な方法、目的があるため、実際に自分にも効果があるのか分からないという人もいるのでは? そこで初心者でも簡単に瞑想を取り入れられるヒントをお教えします。

 
 

meditationsource/THE Gate

 
 

「Mediation=瞑想」とは?

瞑想は、主に心を集中させること、またそこから転じて心を無にすることを指します。

 
 
発祥は紀元前に遡り、輪廻転生から解脱に至るために瞑想を行う「ヨガ」にみられます。また、瞑想法を体系的に発展させたのがヒンドゥー教や仏教で、日本の禅にも通ずると言われています。西洋では、瞑想は「神」などの神聖なイコンと心を合わせるための手法と捉えられることもあります。この様に、宗派やその目的によって瞑想法が異なるため、必ずしもこうでなければいけないという定義は存在しません。

 

さらには、坐禅を組んだり、念仏を唱えたりしなければいけない、宗教信仰がなければいけないというわけでもありません。ただし、心の中で何かひとつに集中するということに違いはありません。心を無にする場合も、“無にする”ということに集中することになりますよね。

 

自分の中で成し遂げたいこと、何のために瞑想をするのかをクリアにし、やりやすい手段、空間を選ぶことが大事です。

 

 

そこで、初心者でもトライしやすいいくつかのヒントを挙げてみたいと思います。

 
 
 

01. まずは10分から始めてみる

よく、瞑想は30分や1時間続けないといけないといったことを耳にするのですが、初心者がはなから1時間も集中するのは現実的に難しいでしょう。時間より集中する質、そして継続性が大事です。
まずは、10分から始めてみてください。
1週間に1時間を一度行うより、毎日10分行う方が良いのです。10分程度であれば、毎日少しずつ続けられそうですよね。

 

1日が始まる朝、あるいは寝る前に行うことを心掛けてみましょう。常に同じ空間、同じ時間に行うとより効果的と言われています。
時間管理が苦手な人は、瞑想に特化したアプリなどを使うのも良いかもしれません。

 
 
 

02. 常に目的を明らかにしておく

冒頭でも述べましたが、何のために瞑想を始めたのか、瞑想をし続けるのか、その目的を忘れないようにしましょう。

 

ストレスを取り除きたいのか、健康になりたいのか、仕事の効率化のためなのか、集中力を高めたいのか。

 

複数あっても構いません。その中で最も重要な目的は、最後までぶらさないようにしましょう。これらは、瞑想を行っていく上でのモチベーションになるとともに、達成感を実感するための意志、プロセスにもなります。

 
 
 

03. 最初は心を無にできなくて当たり前

初心者さんの悩みで一番多いのは「瞑想しても考えが溢れてきてしまう」ということ。

 
瞑想を始めたからといって、最初から思考をコントロールしたり、完全に無になれるかといったら、そういうわけではありません。
無になることがゴールなのでなく、それらの思考をどうしたいか、自分がどうなりたいかを描くことに意味があり、無に至るまでの過程が重要なのです。
瞑想できていないことにストレスを感じては、瞑想そのものをする意味がなくなってしまいます!
もし思考が散乱になってしまったら、必ずすべての思考を中心に戻すことを意識してみてください。

 
 
 

04. 現実的な期待を抱くように

上記と同じような話になりますが、瞑想のファーストステージの時点で、「悟りを開けそう!」と変な期待をしないようにしましょう。今日からランを極めようとランニングシューズを買ったところで、いきなりはフルマラソンを完走できないのと同じことです。
もっと現実的に、日々の積み重ねから精神を穏やかにすることから始めてみてください。呼吸法を試し、筋肉の動きに集中するなどして、心だけでなく身体を統一させるのもひとつの方法です。
スピリチュアルなサイキックになるのではなく、丹念な練習を重ねることこそ、自己の目的に近づく方法。
瞑想は、いわば修行ですからね。

 
 
 

05. 呼吸法を取得しよう

一点に集中する、筋肉の動きに集中するために望ましいのが、呼吸法。
 
まず場所ですが、自分が不快に感じない空間で行うのがベストです。座る位置、温度、また服装などもすべてリラックスできるコンディションに。
座る時は背筋を伸ばし、脚は辛くない状態にしておきましょう。

 

基本、瞑想では複式呼吸(鼻呼吸)が良いとされています。

 

大きく鼻で吸い、ゆっくり鼻から吐く。

 

緊張が解けていくと、徐々に呼吸が深くなっていきます。
このように不快感を取り除いて、リラックスさせることが大事です。

 

 

いかがでしたか? もし不安ごとやストレスを感じることがあるのなら、今日から毎日少しずつ瞑想を始めてみませんか?

 
 
 

Top Photo/tiny buddha

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.28

前編に引き続き2016年の振り返りとして、今年LGBTであることを公にカミングアウトした著名人をご紹介。SNS上で公表する人もいれば、スピーチでさらっとセクシャリティを明かす人もいたりと、カミングアウトの方法は人それぞれ…

2016.12.27

早いもので2016年も終わりに近付いています。オーランド銃乱射事件をはじめ、LGBTコミュニティにとってもとても色濃い1年だったのではないでしょうか。様々な問題が未だ平行線を辿る中、LGBTの可視化も決して好転したとは言…

2016.12.24

海外のアダルト動画サイト「Pornhub」が、クリスマス関連の検索ワードランキングとその上昇値を発表。多くの人が、シーズンに合わせてアダルトサイトを有効活用していることが判明しました! その気になる人気検索ワードとは? …

2016.12.18

日本では恋人たちのクリスマスも、欧米では家族で過ごすことがほとんどです。こどもたちにとって素敵な祝日、冬となるように親たちは大奮闘するんですよね。レズビアンママたちも例外ではありません! Instagramにも可愛すぎる…

2016.12.17

フィットネスサイト「Fitrated.com」のリサーチャーが2,000人以上のアメリカ人を対象に、パートナーのカラダのどのパーツに最も魅力を感じるかについての調査を行いました。今回は、ゲイ男性・レズビアン女性の回答に絞…

2016.12.12

家族や恋人、友人などクリスマスは大切な人と過ごしたいですよね。そんなクリスマスをテーマにしたテレビCMが、心浮き立つ音楽とともに世界各国で流れています。特にヨーロッパでは、LGBTにそっとフィーチャーしたCMが話題なんで…

2016.12.08

LGBTであることをカミングアウトして職を失った、あるいは職を失うことが怖くてカミングアウトできない。だからといって自分を偽って生きていくのは息苦しい……そんな葛藤を抱える人は少なくないはず。それは今活躍しているゲイ俳優…

2016.12.04

12月に入り、街の雰囲気もより一層クリスマス色に染まってきましたね。25日の本番に向けて、プレゼントを用意したりパーティの準備を進めたりと大忙しの人も多いと思いますが、まだまだ周りの雰囲気に置いていかれている……というゲ…

2016.11.30

「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーにゲイの親友スタンフォードがいるように、キラキラ輝いた女性のそばには、的確なアドバイスを与えてくれるゲイ男性の親友がいるイメージですよね。ステレオタイプ色が強い通説ではあるものの…

2016.11.25

ストレートの男性に比べて、ゲイ男性には負けず嫌いの人が多いと感じませんか? 「競争心」は努力や成長の糧となるため、決して悪いことばかりではありません。ただ、あまりにも頑張りすぎると途中で息切れしてしまいます。きっとそんな…