TOP

EDITOR'S

2016.06.15

Let’s pray…オーランドの犠牲者、家族のために私たちができること

米フロリダ州オーランドのゲイナイトクラブ「Pulse」で49人が死亡、53人が負傷した銃乱射事件。今必要なのは、憎悪のぶつけあいではなく、犠牲者やその家族、またその周りの人への支援です。私たちにできることを一緒に考えてみましょう。

 

 

原因は何だ、誰のせい、あれが悪の根源だ。

 

同じ悲劇が起こらないよう、事件の原因を探ることはとても大切です。だからといって、憎悪や敵対心をぶつけあっても未来のためになりません。

 

今、犠牲者や家族、さらには周りの方々が必要としているのは支援、サポートです。

 

そういった人々のために、日本にいる私たちにもできることをまとめてみました。

 

 

01. 追悼式に参加しましょう

1606151source/abcNEWS

 

すでに各国で開かれていますが、犠牲者やその家族を称える追悼式は、当事者やコミュニティにとって心の支えとなります。ローソクを灯し一緒に歌を歌う、ひとりじゃないと伝える、祈る。想いがひとつになる瞬間ではないでしょうか。

 

こちらのサイト「#WEAREORLANDO」では、各国、各地域のイベントをまとめています。日本のイベントもいくつか掲載されていますし、今後追悼式などのイベントを考えている方は、こちらに投稿して情報をシェアしましょう。

 

 

02. ドネーションで支援しましょう

People attend a memorial service the day after a mass shooting at the Pulse gay nightclub in Orlandosource/THE HUFFINGTON POST

多くのLGBTサポート団体やNGOが、今回の事件を受けてチャリティーを発足しています。
負傷者には医療費の負担がかかり、また亡くなった方々の遺族には葬儀を行う費用が必要となってきます。そして、犠牲者やその家族、遺族だけでなく当時現場に居合わせた人、犠牲者の周囲の人々といった多くの人が事件による心的ストレスと戦っています。そこで、心の支えとなるカウンセリングなどのサポートも必要です。

 

以下は海外のドネーションサービスですが、日本からのドネーションも受け付けています。

 

 

EQUALITY FLORIDA
ローカルのLGBT団体「Equality Florida」では「GouFundMe」というパルスナイトクラブの犠牲者とその家族をサポートする基金を設置しています。現在、$4.1M(約400万円以上)のドネーションが集まっています。

 

LGBTQ advocacy nonprofit Planting Peace
こちらの非営利団体では「crowdrise」というクラウドファンディングにてキャンペーンを発足しています。主に、被害者の医療費や葬儀にかかる費用として寄付されます。

 

CROWDRISE
上記と同じく、「crowdrise」のサイトでも「Reliefe Fund」というキャンペーン特集を組んでおり、こちらに多くのチャリティープロジェクトが掲載されています。被害者のサポートはもちろんのこと、LGBTの権利や銃法規制などに関わる長期的な支援を掲げたプロジェクトもあります。

 

 

03. 有益な情報を拡散しましょう

1606153
source/CBSNEWS

ネットを使って情報をスピーディにシェアできる時代となりました。熊本地震の際にも多くの支援、役立つ情報がシェアされました。
海を越えた他国で起きたことかもしれませんが、日本にだってLGBTは存在しますし、今回の事件は他人事ではないです。オーランドに住む友人がいる方もいらっしゃるでしょう。また、友人の友人が困っているかもしれません。

 

主に、以下の情報を必要としています。

 

・献血の呼びかけ
多くの負傷者が輸血を必要としています。ローカルの人限定にはなりますが、呼びかけや献血に対応してくれる方を求めています。

 

・安否確認
友人や知り合いが事件現場にいたのではないか、巻き込まれていないかと心配な人も多いはず。facebookではオーランド周辺に住む人々の安否確認を行えるページを設定しています。

 

・カウンセリング
事件に巻き込まれた人、その家族、LGBT当事者の精神的な被害は計り知れません。サポートを必要としている人が話せるホットライン、カウンセリングの情報があればシェアしましょう。

 

・コミュニティのサポート
より良い未来に向けて社会を変えていくため、LGBTコミュニティや銃規制を望む団体の活動が盛んになっています。長期的な取り組みとなりますが、活動そのものを知ることからすべては始まるはず。こういったことが行われているんだ、応援しようと思った情報に出会ったらシェアするのも良いでしょう。

 

 

04. 憶測でネガティブな発言・行動をとらない

1606154source/THE HUFFINGTON POST

 

上記の有益な情報のシェアとは裏腹に、あることないこと憶測で物事が広まることがあります。ネガティブなことを含むゴシップをいくら持ち上げたところで、より良い社会づくりのためにはなりません。

 

事件の要因は明らかになっておらず、ISの関与やマティーン容疑者のゲイ疑惑も浮上しています。そういったニュースが流れるたびに、イスラム教徒全体に敵対心を向け、バッシングをする人が出てきます。過激派が存在することは確かですが、だからと言って皆がそうな訳ではありません。どうしてこうも偏見や憎悪が繰り返されるのでしょうか。

 

また、最新の情報では、マティーン容疑者の元妻が事件に加担していたと言われています。元妻がFBIに話したところによると、下見のために容疑者を車に乗せてパルスまで行ったり、事件の計画そのものを知っていた可能性があるとのことです。

 

事前に元妻が他の人に相談していたら、事件を防げたかもしれません。パルスに集った人々が犠牲にならずに済んだかもしれません。悔やんでも悔やみきれないことです。しかし、元妻はマティーン容疑者との離婚の原因は彼の暴力によるものと話しており、それが事実であれば、今回も彼を恐れ誰にも相談できない状況だった可能性もあります。そういったことを無視して、「今すぐ償え!」「刑務所に入れろ!」などといった書き込みをするのはいかがなものでしょうか。

 

 

こうして憎悪をぶつけあっても何も良いことは生まれないはずです。

 

 

 

ちょっとしたサポートかもしれませんが、心から支援することが大事です。

 
例え小さなことでも、それぞれが今できることを考え実行すれば、社会が変わる一歩となるはず。

 

 

 

Top Photo/FLORIDA TODAY

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.01

レイプと聞いて、男性の被害者を思い浮かべる方はほとんどいないのではないでしょうか。強姦事件の発生の割合からいくと、男性が加害者であることのほうが多いかもしれませんが、だからといって男性被害者の存在を否定してしまうのは間違…

2016.11.07

GLAADが2016-17シーズンのテレビレポートを公表。過去に比べLGBTQの露出が増えたものの、まだまだ改善すべき問題があることを提示しています。特に顕著なのがLGBTQ内での差別。とにかくレズビアンキャラが死んでし…

2016.10.16

昨今、出会い系アプリを通じて出会った者同士愛を育んでいる人も多いと思いますが、素性が分からない人、こちらが意図せぬ目的で利用している人と出会う可能性もあるのがシステムの盲点ですよね。今回はそんな出会い系アプリの危険性を再…

2016.10.05

意識しているしていないに関わらず、こどもが手にするおもちゃにも“男の子用” “女の子用”と見えないラベルが付けられていると思いませんか? あるトイストアのCMは、シンプルながらもそんなステレオタイプを覆すメッセージが込め…

2016.09.13

先週末にメキシコで起きた「反同性婚デモ」にて撮影された1枚の写真が物議を醸しています。そこには、大勢の抗議者と警察車両を前に、両手を広げて立ちはだかる1人の少年が写し出されています。この緊迫感ある情景から、何を感じますか…

2016.09.01

海外ドラマ『ホワイトカラー』などで知られるイケメンゲイ俳優マット・ボマー。この度、新ドラマにてトランスジェンダーの女性役に抜擢されたのですが、これはトランスジェンダーに対する差別だと物議を醸しています。果たして、彼は断る…

2016.08.30

2015年にカミングアウトしてから、何かとイケメンゲイ枠で様々なメディアに取り上げられているフリースキーヤーのガス・ケンワージー。その見た目のカッコ良さに体中がとろけそうですが、中身も素敵すぎる真のイケメンなんです。 &…

2016.08.21

「好き」と「嫌い」は深層心理が同じだと言われています。その相手を嫌いと思うのは、自分の嫌な部分を相手に投影しているから、あるいは自分が持てない相手の価値観を妬ましく思っているから。それと同様に、際立って同性愛嫌悪を示して…

2016.08.07

東京五輪を4年後に見据えた、リオオリンピック2016が開幕!スタジアム工事の遅れや、治安問題が不安視されていたものの、始まってみれば大きな盛り上がりをみせています。開幕早々、複数の種目において日本選手がメダルを獲得してい…

2016.08.06

ヘイトクライムが未だ残るものの、欧米諸国や日本では、少しずつセクシャルマイノリティに対する理解が広まってきたように思えます。しかし、一部の国では同性愛=死に直結するのです。「編者の雑談」第12弾では、国による同性愛の捉え…