TOP

LOVE ISSUE

2016.06.02

あなたが想像する以上に、周りは同性とのSEXを楽しんでいるかも

SEXの世界はとても奥が深いです。あなたの知らないことが、あなたの周りで起きていたとしても、きっと気付かないでしょう。だから面白くも興味深い世界なんですけどね。さて、あなたの周りで同性とのSEXを楽しんでいる人はどのくらいいると思いますか? 公言していない人も含めると、相当数いるかもしれないですよ……?

 

 

最近の性行動に関する研究では、男性も女性も、以前に比べて同性とのSEXに対しオープンになってきていることが明らかになっています。そういった性的な機会が増えてきているとともに、同性とのSEXに抵抗がなくなってきているというのです。

 

 

12人に1人が同性との性的経験「アリ」

160602gaysource/tumblr

 

ワイドナー大学、フロリダアトランティック大学、サンディエゴ州立大学では、1973年より約34,000人を対象にした様々な研究を行っています。1989年までは同性愛に関する実験を行っていないそうなので、それ以降の研究結果になりますが、被験者のうち同性とSEX体験があると答えた人の割合が、1990年に比べて現在では約2倍にまで増加していることが判明したのです。

 

1990年では男性のわずか4.5%、女性の3.6%のみが、少なくとも1回は同性のパートナーと性的な関係を持っていたと回答していましたが、2014年の時点で、この数値は男性8.7%、女性8.2%まで上昇しています。この中には、同性としかSEXをしないという人もいれば、男性・女性の両性ともとSEXをするという人も含まれています。このようなバイセクシャルに見られる行動が男女ともに特に顕著で、90年代初めには3.1%しか占めていなかった割合が、7.7%まで上昇しているとのこと。意外にも、同性としかSEXしないという人は男性1.7%、女性0.9%で、この約25年間であまり数値に変化はないそうです。

 

つまり、現代では約12人に1人が、何らかしらのバイセクシャルのような性的経験をしているということになります!

 
 
 

ゲイよりレズビアン体験のほうが多い

Reamysource/wikia

 

また、同研究では2010〜2014年にかけて年代別にも調査を行っています。
第二次世界大戦以前に生まれた人のグループでは、同性とのSEX経験がある人は約7.5%。また、ジェネレーションX(1961〜80年の間に生まれた世代)やベビーブーム世代の人だと、約9%が経験ありと答えています。特に、女性だけの数値を見ると12%にも昇るそうで、女性のほうが同性とのSEXに興味を示していることが分かります。

 

リサーチャーのひとり、ブルック・ウェルズ氏の見解によると、
「若い女性の間でのレズビアン(性的)体験が目立ちますね。特に、最近では“hook-up”文化(端的に言えば、SEX目的のイチャイチャ文化)が盛んなので、そう言った背景から女性同士の性行為が加速しているように思えます。男性の性行為は自分の欲望によって駆き立てられることが多いですが、女性の性行為は、ある意味男性のためにパフォーマンスするということを含む場合もあります。ですので、男性の同性SEXとはまた違った行動結果になるんでしょう」とのこと。

 

この「hook-up」文化。出会い系アプリの発達とともに、広く根付いてきていますよね。日本で言うところの「セフレ」にあたります。ちょっと前に流行った単語のような気もしますが、セフレのような関係性の相手がいる人の割合は少なくないようです。
お互いにSEXだけの関係と容認しているのであれば、異性・同性関係なく体験するのは問題ないと思います。そこで、新たな性的嗜好も芽生えるかもしれません。

 
 
 

同性とのSEXに抵抗がない

1606023source/Tumblr

 

この研究では、同性SEXの経験の有無だけでなく、同性のSEXの道徳性に対する考えも調査。同性同士のSEXを容認できると答えだ割合が、1990年代ではわずか13%だったのに比べ、2014年までに49%へと上昇しています。つまり、ゲイやレズビアンに対する嫌悪感が減ってきたとともに、自分も経験してみたいと考える人が増えてきたことが分かります。

 

先日の記事にて、“人間生まれた時はみなバイセクシャル説”について展開しましたが、現代は特にこの仮説が当てはまるように感じます。自分の性を模索すること自体に抵抗がなくなり、模索する流れに乗る、結果同性とも恋愛、性経験をしてみる。
その後に、やっぱり異性のほうが好き、どっちも好きかも、いや同性のほうが好き、と振り返ってみることが大事となってきます。どの道を歩むかはあなた次第です。
ウェルズ氏が述べている通り、女性のほうが、男性優位でない女性らしいSEXを同性との間に模索する人が増えてきたのかもしれないですね。

 

 

調査結果は必ずしもすべての事象に当てはまる訳ではないですが、約12人に1人が同性とのSEXを楽しんでいるかもしれないと考えると、あなたの周りにいてもおかしくありません。そして、もしあなたが同性とのSEXにチャレンジしたところで、約2人に1人は「あら、そう。どうだった?」と否定すらしないのです。

 

 

今後、これらの動向がどう変化していくか、とても興味深いですね。SEXの世界は素晴らしい!

 

 

 

Top Photo/gay revolutions

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.20

行為中はこれでもかというくらい盛り上がっていたのに、いざことを終えるとなんとも気まずい雰囲気が流れ、しらけてしまう時ってありませんか? その気まずさをこれでもかと助長するのが、枕もとで交わされるまったくもって甘くない言葉…

2016.12.11

クリスマスを目前に、カップルとシングルの間で殺気だった空気が流れているとかいないとか? 何も独り身だからって負け組レッテルを貼らないで、恋はお休み中!というシングルさんもいるでしょう。それでも相手の気に障る言葉をかけてく…

2016.11.28

「私ってレズビアンなのかな?」となんとなく感じる瞬間があるものの、判断材料に乏しく悶々とした日々を送っている。そんな自分のセクシャリティに悩む女性へ、レズビアンかどうかの見定めに役立つ指標を挙げてみました!  …

2016.11.27

いつも自分中心の恋愛をしていませんか? パートナーとうまくいかない……という人は自分自身の行動に原因があるのかもしれません。今回はパートナーと連れ添って25年というゲイ男性、Jさんの体験をもとに、相手を幸せにする7のこと…

2016.11.18

近頃、機能性はもちろんのことデザインにもこだわったセックストイが増えてきました。「これ、セックストイなの!?」と目を疑うほどスタイリッシュなものも販売されています。このように、女性が使いやすいように……と改良が進む一方で…

2016.11.10

SEXで快感に溺れていると体に力が入らなくなり意識が飛びそうになる、まさに自己のコントロールができないトランス状態に陥りますよね。この“ノーコントロールなトランス状態”、実はある作用によりもたらされているそうなのです! …

2016.10.30

恋は盲目と言いますが、恋に溺れると相手の欠点まで何かと理由をつけて見ないフリをしてしまうもの。でも、本当に幸せな恋愛ができていますか? もしかしたらその相手、あなたのことをまったく大切にしていないかも。これから挙げる項目…

2016.10.27

思い描いているような恋愛ができない。パートナーがいるのに、いつも何かが欠けているような気がしてしまう。もしかしたらそれはあなたが恋愛下手だから、なのではなく根本的な考え方が違うからなのかもしれません。そう、ポリアモリー(…

2016.10.23

恋に落ちたことはありますか? NYストーニーブルック大学の心理学者アーサー・アーロン博士が生み出し、マンディ・レン・ケートロン氏が発表した恋愛コラムによると、ある36の質問をした後に4分間見つめ合うだけで必ず恋に落ちると…

2016.10.15

その特性から、海外では「Daddy=パパ」と呼ばれる年上のゲイ男性。そんな年上にはまったく興味がないという人から、気にはなるけどなかなか行動に移せないという人まで、年上の男性と付き合ってみるべき理由をピックアップしてみま…