TOP

LOVE ISSUE

2016.06.01

レズビアンに質問!「バイセクシャルの女の子とも付き合う?」

レズビアンの人はレズビアンの人だけと付き合うのか、男性とも付き合う可能性があるバイセクシャルの人とも付き合うのか。ちょっと気になりませんか? 個人によって“好きになる対象”は変わってくるとは思いますが、今回はタイトルの質問にYESかNOで答えてくれたレズビアンの意見をピックアップ!

 

 

バイセクシャルの女の子とも付き合う?–NO!

1606011source/First To Know

「彼女が求めてるものに応えられないかもって自信をなくしちゃう。なんだかんだ男性が好きでストレートに戻ったり、自分の知らないところで男性と遊んでるんじゃないかと想像すると怖いし」(J/19歳)

 

バイセクシャルの定義が難しいところではありますが、人によって恋愛対象のジェンダー比も違いますし、もしジェンダー関係なくあなたのことを好きだったら、ストレートに戻りたがるのではという憶測が間違っているかもしれないですよね。

 

 

「私はレズビアン。だから(女性が好きなだけで)男性像みたいなものを持ち込んでほしくない。バイセクシャルの彼女に、自分のことを男性と思って接してほしくないんだよね。オープンリレーションシップ派(=同意の上で浮気などを容認している関係性)だけど、自分の彼女が女性と同じように男性とも浮気してるとかだったら、ありえないって感じ」(E/36歳)

 

中には、男らしいレズビアンの女性を男性のように扱うバイセクシャルの人もいます。でも、オープンリレーションシップを選択するなら、バイセクシャルの人に男性と遊ぶなと言うのもナンセンスな気がします。

 

 

「付き合いたくない。前に1人だけバイセクシャルの子と遊んだことがあるけど、その子はすごく都合の良いように自分を扱ってきた。要は実験だったってことだね」(K/24歳)

 

その人との経験はすごく残念。きっと自分のセクシャリティを模索中だったんでしょう。でも、1人だけですよね? バイセクシャルにもいろいろな人がいるのだから、1人だけとの経験でバイ嫌いになっちゃうのはどうなのでしょうか。

 

 

「バイセクシャルの人にとって、私と一緒にレズビアンカップルとして人生を歩むのって、男性と簡単に付き合うより大変だと思うんだよね。だから、まず彼女を信用することができない気がする。私自身はバイセクシャルの女の子と付き合ったことはないんだけど、大変そうな友達は何人も見てきた」(A/25歳)

 

たしかにレズビアン同士の方が理解しあえることも多いでしょう。彼女と信頼関係を結べないのなら、付き合うこと自体難しいですもんね。

 

 

「元カノは、私と付き合っている時もずっと自分のことを”バイセクシャルだ”って主張してた。でもそれって私にとっては不快でしかなかったし、男性も好きだからってことを、私だけでなく周りにも常に忘れさせないようにしてるとしか感じられなかった」(S/20歳)

 

バイセクシャルの人は、結局のところストレートでもなければゲイ、レズビアンでもないですからね。バイセクシャルを主張するのは間違っていないはず。脅し文句のように使ってはいけないですけどね。男性のことを好きになるかも、あるいは過去に好きだったとしても、現在軸ではあなたといるのだから、自ら自分を敢えて男性と張り合うような状況に持っていかなくても良いのでは?

 
 

バイセクシャルの女の子とも付き合う?–YES!

1606012source/GIRLHDWALLS

 
「私のパートナーはバイセクシャルなのですが、この3年間特に問題もなく、お互いに忠実ですよ。誰よりも信頼しています。だから周りの人がバイセクシャルのことを悪く言うのを耳にすると正直腹が立ちますね」(A/24歳)

 

バイセクシャルの悪口! セクシャルマイノリティ間での差別が浮き彫りになりますね。バイセクシャルでも誠実な人は誠実、レズビアンでも誠実じゃない人は誠実じゃない、それだけのことなのかもしれません!

 

 

「私のパートナーがトランスジェンダーでもバイセクシャルでも、お互いに正直だったら良いと思う。たとえ、オープンリレーションシップだったとしても、お互いの中でルールができているなら。過去に、レズビアンのパートナーに浮気されたけど、バイセクシャルのパートナーはずっと誠実だった。だから、そこに性的指向は関係ないんだなって考えに至ったよ」(E/40歳)

 

出会う窓口は性的指向的な部分(レズビアンが異性愛の男性にアプローチしないなど)かもしれませんが、お互いの関係性は性的指向といったこと以上に、正直でいられるかどうかですよね。

 

 

「付き合いたいなと思う人は、その人のパーソナリティに惹かれるからであって、相手が女性だけでなく男性にも好かれる要素があるかどうかじゃない」(K/39歳)

 

最終的に大事なのはその人個人の持つ魅力! バイセクシャリティというラベルに惹かれる人もいるかもしれませんが、それは勝手に描いている理想を相手にはめ込んでいるだけ。その人自身のことが大好きで、相手も応えてくれるなら、バイセクシャリティだろうとレズビアンだろうと関係ないですよね?

 

 

「以前バイセクシャルの人と付き合ったことがあるんだけど、今後もあるといいな。私も含めてなんだけど、レズビアンやゲイの人で、移行期間中の時はバイセクシャルってカミングアウトしてた人もいるはず。そう考えると、バイセクシャリティって腰掛け場所みたいなものでもあると思う」(C/28歳)

 

LGBTの中でもバイセクシャルの割合って結構いるんです。そもそも、人間は生まれた時はみなバイセクシャルで、徐々に性的指向が定まっていくと言う人もいます。本来ならレズビアンなんだけど、まだ自分がどうなのか分からない、過去に男性と付き合ったこともあるがゆえに、バイセクシャリティと名乗るんです。逆に、本人もバイセクシャリティと気付かずに同性と付き合ってるという人もいるかもしれません。

 

 

「ここしばらくデートとかしていなかったから、そんなこどが一部の女性の間で問題になっていたことさえ気付かなかった! だって、ちょっといっちゃってない? 女の子が女の子を好き、それ以上なにか問題あるっていうの?」(B/18歳)

 

そう、バイセクシャルでも女性が好きなことには変わりないです! そこにたまたま男性が好きな可能性もあるということ。バイセクシャルだから男女みんなと遊んでいるというレッテルは、やめましょう!

 

 

もしあなたがレズビアンだったらYES、NOどちらの意見を持ちますか?
逆にバイセクシャルの人はどう思うでしょうか、レズビアンの彼女を持つことをやめますか?
でも、皆それぞれの考えがあってパートナーを決めています。自分のフィーリングと合う人には、まず変なフィルターを通さずに近づいてみるのも良いと思いますよ。

 

 

 

Top Photo/femmelesbian

KEY WORD

この記事が気に入ったら
"いいね!"しよう。

SECRET BOXでは最新のLGBT情報をお届けします。

RELATED ARTICLE

2016.12.20

行為中はこれでもかというくらい盛り上がっていたのに、いざことを終えるとなんとも気まずい雰囲気が流れ、しらけてしまう時ってありませんか? その気まずさをこれでもかと助長するのが、枕もとで交わされるまったくもって甘くない言葉…

2016.12.11

クリスマスを目前に、カップルとシングルの間で殺気だった空気が流れているとかいないとか? 何も独り身だからって負け組レッテルを貼らないで、恋はお休み中!というシングルさんもいるでしょう。それでも相手の気に障る言葉をかけてく…

2016.11.28

「私ってレズビアンなのかな?」となんとなく感じる瞬間があるものの、判断材料に乏しく悶々とした日々を送っている。そんな自分のセクシャリティに悩む女性へ、レズビアンかどうかの見定めに役立つ指標を挙げてみました!  …

2016.11.27

いつも自分中心の恋愛をしていませんか? パートナーとうまくいかない……という人は自分自身の行動に原因があるのかもしれません。今回はパートナーと連れ添って25年というゲイ男性、Jさんの体験をもとに、相手を幸せにする7のこと…

2016.11.18

近頃、機能性はもちろんのことデザインにもこだわったセックストイが増えてきました。「これ、セックストイなの!?」と目を疑うほどスタイリッシュなものも販売されています。このように、女性が使いやすいように……と改良が進む一方で…

2016.11.10

SEXで快感に溺れていると体に力が入らなくなり意識が飛びそうになる、まさに自己のコントロールができないトランス状態に陥りますよね。この“ノーコントロールなトランス状態”、実はある作用によりもたらされているそうなのです! …

2016.10.30

恋は盲目と言いますが、恋に溺れると相手の欠点まで何かと理由をつけて見ないフリをしてしまうもの。でも、本当に幸せな恋愛ができていますか? もしかしたらその相手、あなたのことをまったく大切にしていないかも。これから挙げる項目…

2016.10.27

思い描いているような恋愛ができない。パートナーがいるのに、いつも何かが欠けているような気がしてしまう。もしかしたらそれはあなたが恋愛下手だから、なのではなく根本的な考え方が違うからなのかもしれません。そう、ポリアモリー(…

2016.10.23

恋に落ちたことはありますか? NYストーニーブルック大学の心理学者アーサー・アーロン博士が生み出し、マンディ・レン・ケートロン氏が発表した恋愛コラムによると、ある36の質問をした後に4分間見つめ合うだけで必ず恋に落ちると…

2016.10.15

その特性から、海外では「Daddy=パパ」と呼ばれる年上のゲイ男性。そんな年上にはまったく興味がないという人から、気にはなるけどなかなか行動に移せないという人まで、年上の男性と付き合ってみるべき理由をピックアップしてみま…